コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パルド・バサン Emilia Pardo Bazán

1件 の用語解説(パルド・バサンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パルド・バサン【Emilia Pardo Bazán】

1851‐1921
スペイン女流作家。貴族で,旺盛な知識欲と語学力をもち,自然主義をはじめ象徴主義モダニズムトルストイドストエフスキーロシア文学まで,諸外国の文学動向を鋭敏にとり入れてスペインに普及させたが,本質は保守的なキリスト教作家である。評論《今日的問題》(1883)でゾラの小説理論を紹介し,これを実践した《ウリョーアの館》(1886)は,変動期の社会を背景に田舎貴族の退廃を描いた,彼女の代表作。40年余の文筆活動に加え,女性で初めて大学正教授になったことも名声に寄与した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パルド・バサンの関連キーワード組曲「スペイン」12のスペイン舞曲スペイン奇想曲スペイン組曲スペイン行進曲スペインの歌スペインの財宝船スペインの庭の夜スペイン舞曲集スペイン岬の謎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone