コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンジェリコ Angelico, Fra; Fra Giovanni da Fiesole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンジェリコ
Angelico, Fra; Fra Giovanni da Fiesole

[生]1400頃. ビッキオ
[没]1455.2.18. ローマ
イタリアの画家でドミニコ会修道士。本名 Guido di Pietro。1417年にはすでに画家で,フィエゾーレの修道僧になったのは 1420~22年頃とされる。その後 10年間ほど,中部イタリアの各修道院で過ごし,1436年,フィレンツェのサン・マルコ修道院に移った。画業は,初めロレンツォ・モナコのゴシック風(→ゴシック美術)から出発し,テンペラ画法で輝くような色彩と丹念な細部描写をみせた。そのことは『聖告と三王礼拝』(1425~26,サン・マルコ美術館)からもよくうかがわれる。やがて,ドナテロマサッチオらの影響で量体表現と遠近法を会得。その成果は『聖母戴冠』(1428頃,ウフィツィ美術館)における各人像表現と空間構成などに早くも現れている。1433年の『リナイウォーリの聖母』(サン・マルコ美術館)や 1435年頃の『キリスト降架』(同)では,すでに自然主義(→自然主義美術)への傾倒が認められる。そして,サン・マルコ修道院での一連の壁画では,完全にルネサンスの画家になりきっている。さらに 1445年,バチカン宮殿内ニコラウス5世礼拝堂の壁画装飾,オルビエト大聖堂の壁画装飾も手がけた。またフィエゾーレの修道院長も務めたが,晩年はローマのサンタ・マリア・ソープラ・ミネルバの修道院で過ごし,そこで没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アンジェリコ(Fra Angelico)

[1387~1455]イタリアの画家・僧侶。清らかな宗教画を描き、フィレンツェ派代表者とされる。サンマルコ修道院の壁画を描いた。作「聖告」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アンジェリコ

イタリアの画家。本名グイド・ディ・ピエトロGuido di Pietro。1407年フィレンツェ北郊フィエゾレのドミニコ会修道院に入り修道士(フラfra)となる。
→関連項目バルドビネッティ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンジェリコ【Fra Angelico】

1400ころ‐55
イタリアの画家。僧名フラ(フラーテ)・ジョバンニ・ダ・フィエゾレ,俗名グイド・ディ・ピエトロ。フィレンツェ近郊のビッキオ・ディ・ムジェロ生れ。1417年にはいまだ俗人であったが,すでに画家となっていたことが知られる。おそらく18‐20年に,フィレンツェ北郊の町フィエゾレFiesoleのドミニコ会の修道士になったのであろう。画家として本格的な活動を始めるのは30年代に入ってからで,《リナイオーリの祭壇画》(1433ころ),コルトナの《受胎告知》(1434ころ),ルーブルの《聖母戴冠》(1435ころ)などを描く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンジェリコ
あんじぇりこ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アンジェリコの関連キーワードピール(Georges Charles Clement Ghislain Pire)サンタマリアソプラミネルバ教会ドメニコ・ディ・ミケリーノオルビエートのドゥオーモアントニオ タブッキディディ・ユベルマンガリグ=ラグランジュオルビエート大聖堂フラアンジェリコクァトロチェントキリストの変容バチカン美術館フランドランベルン美術館バチカン市国ウンブリア派新スコラ哲学ベネチアーノ最後の審判ゴッツォリ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android