コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒミズ ヒミズUrotrichus talpoides; Japanese shrew mole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒミズ
Urotrichus talpoides; Japanese shrew mole

食虫目モグラ科。体長9~11cm,尾長 2.5~4cm。眼は外部に開かず,耳介がなく,尾が短いところはモグラに似るが,モグラより体は小さく,四肢も小さい。体色は黒または暗褐色。平地から標高 2000mぐらいまでの森林,草原,畑地やそれらの縁などに生息する。普通,地下に穴を掘って生活するが,ネズミの穴などを借りて使用していることもある。日夜活動し,日中でも登山道などで見かけることがある。食物はジムカデ,カタツムリ昆虫類など。1産3子ぐらい。日本固有種で,北海道,屋久島以南,伊豆七島を除き,日本に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒミズ

ヒミズモグラとも。食虫目モグラ科の哺乳(ほにゅう)類。体長9〜10cm,尾3〜4cm。体毛はビロード状で黒または暗褐色。日本特産で本州,四国,九州,対馬,隠岐などに分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ヒミズ

2012年公開の日本映画。英題《Himizu》。監督・脚本:園子温、原作:古谷実。出演:染谷将太、二階堂ふみ、渡辺哲、吹越満、神楽坂恵、光石研ほか。ヴェネツィア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(染谷将太、二階堂ふみ)受賞。

ヒミズ

古谷実による漫画作品。母が蒸発し、自分を虐待する父を殺して天涯孤独の身となった少年を主人公に、人間の闇の部分を見せつけるサスペンスホラー。『週刊ヤングマガジン』2001年~2003年に連載。講談社ヤンマガKC全4巻。2012年園子温監督による実写映画が公開された。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒミズ
ひみず / 日不見
Japanese shrew mole
[学]Urotrichus talpoides

哺乳(ほにゅう)綱食虫目モグラ科の動物。同科ヒミズ亜科ヒミズ属に含まれる日本特産種で、ヒミズモグラともいう。本州、四国、九州、五島(ごとう)列島、隠岐(おき)諸島、対馬(つしま)に分布する。頭胴長9~10.5センチメートルでモグラより小さく、尾は長い。しかし、尾は近縁のヒメヒミズよりは短く、長毛が生え、バット状。毛は黒色に近く、光沢がある。門歯の先端がとがり、へら状のヒメヒミズとは異なる。歯式は

で合計36本。山地の森林およびその周辺に多く、半地下性で浅いトンネルを掘ってすみ、ミミズや昆虫を食べる。1産2~6子。[阿部 永]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒミズの関連キーワードブレーキストン線モグラ(土竜)モグラジネズミ大堀こういちヒミズモグラ川屋せっちん九州日不見ヒメヒミズミミヒミズ日不見鼹鼠高味光一郎海谷紘平新井浩文多田昌史今村美乃丹澤誠二山鼹鼠村上淳村田充杉山薫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒミズの関連情報