コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメハルゼミ ヒメハルゼミEuterpnosia chibensis

3件 の用語解説(ヒメハルゼミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメハルゼミ
ヒメハルゼミ
Euterpnosia chibensis

半翅目同翅亜目セミ科。初夏に現れ,カシやシイなどの常緑樹林で大集団で鳴く,翅の透明な中型のセミ。体長 (翅端まで) 25~35mm。雄は比較的細長い体をもち,頭胸背部は緑色の地に黒色と緑褐色の斑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒメハルゼミ

半翅(はんし)目セミ科の昆虫の1種。本州,四国,九州,南西諸島に分布。体長(翅端まで)36mm内外,オリーブ色に黒斑がある。6〜7月に発生。ミンミンゼミに似た鳴声で樹上でやかましく合唱する。
→関連項目笠間[市]茂原[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメハルゼミ
ひめはるぜみ / 姫春蝉
[学]Euterpnosia chibensis

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目セミ科Cicadidaeの昆虫。ハルゼミに似ているが、雄の腹部第四節の両側に貝殻状の隆起物がある点で区別される。体長25~30ミリの小形で細身のセミで、体はオリーブ色に黒色の斑紋(はんもん)をもつ。はねは透明。雌の産卵管はきわめて長く、腹端を大きく越えて伸長する。本州、四国、九州、琉球(りゅうきゅう)諸島に分布し、北限は関東地方。一般に産地は局所的で、北限の茨城県、新潟県、千葉県の産地は国の天然記念物に指定されている。7月に出現し、カシ類などの照葉樹の小枝に止まって大合唱をする。合唱時には個々の鳴き声は聞こえず、森全体がうなるようである。琉球諸島には二亜種が知られ、八重山(やえやま)列島には別種のイワサキヒメハルゼミE. iwasakiiが分布する。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヒメハルゼミの言及

【ハルゼミ(春蟬)】より

…北海道~九州に分布し,ブナ帯にすみ,6月ころミョーキン,ミョーキン……ケケケ……と奇妙な声で鳴く。また,近縁のヒメハルゼミEuterpnosia chibensisは,体は細長く,緑褐色の地に黒紋をもつ。体長23~30mm,前翅の開張65~72mm。…

※「ヒメハルゼミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒメハルゼミの関連情報