コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒルト Hirt, Hermann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒルト
Hirt, Hermann

[生]1865.12.19. マクデブルク
[没]1936.9.12. ギーセン
ドイツの言語学者。ギーセン大学教授。インド=ヨーロッパ語族,特にゲルマン語派の比較文法を専門とし,特に母音交替やアクセントの研究に対する貢献が大きい。主著『ドイツ語史』 Geschichte der deutschen Sprache (1919) ,『インド=ゲルマン語文法』 Indogermanische Grammatik (7巻,21~37) ,『ゲルマン祖語便覧』 Handbuch des Urgermanischen (3巻,31~34) ,死後 H.アルンツが編纂した『インド=ゲルマン言語学の主要問題』 Die Hauptprobleme der indogermanischen Sprachwissenschaft (39) 。

ヒルト
Hirth, Friedrich

[生]1845.4.16.
[没]1927.1.11. ミュンヘン
ドイツの東洋史学者。中国名は夏徳。同治9 (1870) 年以降中国の海関に勤務しながら,中国の文献によって東西交渉史,絵画,陶器などを研究して多くの論考を発表した。 1902年アメリカのコロンビア大学に招かれ,初代の中国学教授として活躍。第1次世界大戦後ミュンヘンに帰った。主著"China and Roman Orient" (85) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヒルト(Friedrich Hirth)

[1845~1927]ドイツの中国学者。1870~97年まで、清国の税関に勤務。中国美術や東西文化の交流について研究。著「中国古代史」「中国美術に及ぼせる外国の影響」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ヒルト【Friedrich Hirth】

1845~1927) ドイツの中国研究者。自称、夏徳。1870~97年税関に勤めて中国に滞在。絵画・陶磁器など中国美術や東西文化交渉について研究。著「中国古代史」「中国美術に及ぼせる外国の影響」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒルト
ひると
Friedrich Hirth
(1845―1927)

ドイツ生まれの中国学者。夏徳と自称する。清(しん)国の海関に勤務すること30年に近く、その間、陶器、絵画などの中国文化や東西文化の交流について研究した。1902年よりアメリカに移り、コロンビア大学支那学講座初代教授に迎えられた。中国古代史および東西交渉史に造詣(ぞうけい)深く、『後漢書(ごかんじょ)』「西域(せいいき)伝」などにみえる大秦(たいしん)、西海、条支をそれぞれシリア、ペルシア湾、その湾岸地方に比定した説は日本学界に影響を及ぼし、長くその範囲から脱することができぬほどであった。[宮崎市定]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ヒルト

生年月日:1845年4月16日
ドイツの東洋史学者
1927年没

ヒルト

生年月日:1865年12月19日
ドイツの言語学者
1936年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ヒルトの関連キーワード心の旅路 Based upon the novel “Random Harvest” by James Hiltonヒルトン(Conrad Nichlson Hilton)コンラッド・N. ヒルトンヒルトン・ホテルズ[会社]ザ・キャピトルホテル東急ヴァンミーター・ニコラスシーザーパークホテル台北チップス先生さようならトランスワールド航空名古屋ヒルトンプラザF.G. ワンゲマンボナパルト・タルカスラクスデーラ・サガニーベルンゲンの歌ニコール リッチーニッキー ヒルトンヒルトン東京お台場ヒルトン・ホテルズパリス ヒルトンヒルトン・ホテル

ヒルトの関連情報