コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビフィズス菌 ビフィズスきんBifidobacterium bifidum; bifidobacteria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビフィズス菌
ビフィズスきん
Bifidobacterium bifidum; bifidobacteria

腸内細菌の一種で,嫌気性のグラム陽性菌。ビフィドバクテリウム Bifidobacterium 属の総称をさす場合もある。ビヒダス菌,ビフィダス菌ともいう。1899年,パスツール研究所の H.ティシェが健康な母乳栄養児の糞便から発見し,V字や Y字の形状からラテン語で「分岐」を意味する「ビフィダス」を使ってバチルスビフィズス菌 bacillus bifidus communis と命名した。その後の研究で,糖を分解して乳酸や酢酸などを生産する乳酸菌(→乳酸桿菌)の一種であることがわかり,ラクトバチルス・ビフィズス菌 lactobacillus bifidus と呼ばれた。これらの酸が強い殺菌性をもち,病原性細菌や大腸菌など有害菌の増殖を防ぎ,腸内環境を整えると考えられる。酸素があると増殖できない難点が近年技術的に解決され,乳児用調製粉乳,ヨーグルト,飲料,栄養補助食品などに加えられるようになった。また腸内での増殖にオリゴ糖少糖類)が有用であることがわかってきた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ビフィズス菌【ビフィズスきん】

乳酸菌の一種。乳児の糞(ふん)便から発見された。母乳栄養児の腸内に常住し,腸内発酵などを防いで乳児の健康を守っているとされる。嫌気(けんき)度が強いのが特徴。→嫌気性菌
→関連項目機能性オリゴ糖腸内細菌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ビフィズス菌

 ビフィダス菌,ビフィドバクテリウムともいう.嫌気性腸内細菌の一つ.有用菌とされる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

食の医学館の解説

びふぃずすきん【ビフィズス菌】

ビフィズス菌は有用菌の代表格、乳酸菌の1つで、空気を嫌う嫌気性菌(けんきせいきん)です。
○栄養成分としての働き
 大腸菌などの悪玉菌は、腸内の食品を腐敗(ふはい)させ、発がん物質をはじめとする有害物質を生成します。この有害物質が血液にのって体内の細胞に送られると、細胞の栄養代謝を阻害して病気の原因になったり、老化を促進したりするのです。
 ビフィズス菌は有害菌の増殖を抑え、有害物質の生成を防ぎ、老廃物の排泄(はいせつ)を促進する働きがあり、下痢(げり)や便秘(べんぴ)の予防、老化防止、肝臓障害を軽減します。ビフィズス菌には免疫力を高め、抗がん性があることが判明しています。また、腸内でビタミンB群やKなどを合成する働きがあることも報告されています。
○注意すべきこと
 腸内でガスを発生しやすく、腹が張ることがあります。

出典|小学館食の医学館について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビフィズスきん【ビフィズス菌 bifidobacterium】

ヒトの腸内菌叢を形成する細菌の1種。グラム陽性の杆菌で,母乳栄養児の糞便中に他の細菌より優位に存在し,ビフィズス菌叢bifidus floraを形成するが,人工栄養児糞便中には大腸菌群が多く,ビフィズス菌は少ない。ビフィズス菌は,糖を分解して,乳酸,酢酸,ギ酸などを産生するので,母乳栄養児の腸内容は酸性に傾く。腸内容が酸性であると大腸菌や他の病原性腸内細菌は増殖しにくく,またビフィズス菌そのものが,大腸菌などと拮抗してその増殖を抑制するので,ビフィズス菌は母乳栄養児の腸内感染症による罹患率,死亡率を低くするのに役立っていると考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ビフィズスきん【ビフィズス菌】

乳酸菌の一種。グラム陽性嫌気性の桿かん菌で、ヒトの腸内に常在する。乳児では、この菌の繁殖が不十分であると下痢などを起こす。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビフィズス菌
びふぃずすきん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のビフィズス菌の言及

【乳酸菌】より

…乳酸菌は,食品工業,発酵工業の分野で,乳酸飲料,チーズ,バターなどの生産その他に関与しており,このような分野では,糖を分解して主として乳酸を産生する細菌をすべて乳酸菌と呼ぶ傾向がある。たとえば,ビフィズス菌属Bifidobacteriumは,分類学上は放線菌目アクチノミセス科に属しているが,乳酸菌製剤として市販されている。これは,ビフィズス菌が長年にわたって乳酸杆菌属Lactobacillusに属すると考えられていたためでもある。…

※「ビフィズス菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビフィズス菌の関連キーワード恵 megumi 生きて届けるビフィズス菌カプセルヨーグルトメイトーヨーグルト LKM512低脂肪プレーンメイトーヨーグルト LKM512脂肪0プレーンメイトーヨーグルト おなかで増えるLKM512白バラGABAヨーグルト ヒアルロン酸プラス朝食プロバイオティクスヨーグルト北海道 無脂肪ヨーグルトプレーン北海道 低脂肪ヨーグルトプレーンBifiX フローズンジェリー森永 ビヒダスヨーグルト脂肪0森永 ビヒダス飲むヨーグルトいきいき元気のむヨーグルト北海道 プレーンヨーグルト朝食ブルーベリーヨーグルトおなかにおいしいヨーグルト日本ビフィズス菌センターナチュレ恵 megumiおなかに配達ヨーグルト朝食みかんヨーグルト朝食りんごヨーグルト

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビフィズス菌の関連情報