コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビリベルジン ビリベルジン biliverdin

翻訳|biliverdin

3件 の用語解説(ビリベルジンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビリベルジン
ビリベルジン
biliverdin

胆汁色素の一種。暗緑色の柱状または板状晶として得られる。両生類や鳥類の胆汁中に存在するが,ヒトの胆汁中にはない。ただし胆管閉塞症や肝硬変のヒトの血清中に含まれ,また乳児の緑色便の色成分でもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ビリベルジン

 C33H34N4O6 (mw582.66).

 胆緑素,デヒドロビリルビンともいう.ヘムの分解により生じる胆汁色素代謝生成物.緑色を呈する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ビリベルジン【biliverdin】

胆汁色素の一つ。緑色を呈するので胆緑素とも呼ばれる。ヘモグロビン(血色素)の代謝中間産物であり,ヘモグロビンからベルドヘモグロビンを経て生成され,さらに還元されるとビリルビンになる。肝臓から胆汁をとりだすと,最初はビリルビンの存在により黄金色を呈するが,放置すると酸化が進み,ビリベルジンが生成し,緑色を呈するようになる。草食動物の胆汁では,肉食動物に比べてビリベルジンの量が多い。【柳田 充弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビリベルジンの関連キーワードビリルビン色素性母斑胆汁色素血色素尿赤色乳タルトラジン胆緑素モナスカス色素山岡憲二胆汁色素胆石

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone