コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビリベルジン ビリベルジンbiliverdin

翻訳|biliverdin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビリベルジン
biliverdin

胆汁色素の一種。暗緑色柱状または板状晶として得られる。両生類や鳥類の胆汁中に存在するが,ヒトの胆汁中にはない。ただし胆管閉塞症や肝硬変のヒトの血清中に含まれ,また乳児の緑色便の色成分でもある。メタノールエーテルベンゼン可溶。生体内ではヘモグロビンの色素部分であるヘムが分解して,ビリルビン (代表的な胆汁色素赤褐色) とともに生成する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ビリベルジン

 C33H34N4O6 (mw582.66).

 胆緑素デヒドロビリルビンともいう.ヘムの分解により生じる胆汁色素の代謝生成物.緑色を呈する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビリベルジン【biliverdin】

胆汁色素の一つ。緑色を呈するので胆緑素とも呼ばれる。ヘモグロビン(血色素)の代謝中間産物であり,ヘモグロビンからベルドヘモグロビンを経て生成され,さらに還元されるとビリルビンになる。肝臓から胆汁をとりだすと,最初はビリルビンの存在により黄金色を呈するが,放置すると酸化が進み,ビリベルジンが生成し,緑色を呈するようになる。草食動物の胆汁では,肉食動物に比べてビリベルジンの量が多い。【柳田 充弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビリベルジンの関連キーワードビリベルジン還元酵素溶血緑便

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android