コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビリャ

3件 の用語解説(ビリャの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ビリャ

メキシコの革命家。ビヤとも。メキシコ北部ドゥランゴ州の貧農出身。通称パンチョ・ビリャで知られる伝説的英雄。1910年メキシコ革命勃発と同時に革命軍に加わる。のちにカランサ立憲主義運動に加わり,北部軍団司令官となるが,カランサと不和となり,北部で反抗運動を展開。
→関連項目チワワ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビリャ【Francisco Villa】

1877‐1923
メキシコ革命動乱期の軍事指導者,政治家。本名はドロテオ・アランゴDoroteo Arango。その優れた軍事作戦能力と勇猛果敢な活躍によって今日でも大衆に親しまれている伝説的英雄。北部ドゥランゴ州の貧農の子に生まれる。農場労働者として働いていた1894年ごろ地主に危害を加え,逃亡してパンチョ・ビリャと名のった。その後の約15年間のビリャについては,義賊,牛どろぼうなど多くの言い伝えがあるが,詳細は不明である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビリャ
びりゃ
Francisco (Pancho) Villa
(1877―1923)

貧農出身のメキシコ革命軍指導者。ビリャとは逃亡中の仮名で、本名はドロテオ・アランゴDoroteo Arango。一般には愛称名パンチョ・ビリャとして有名。北部ドゥランゴ州に生まれたが、少年時代に殺人を犯して逃亡、のちに義賊的バンディド(山賊)として下層民衆の人気を集めた。1910年のマデロの指導するメキシコ革命に参加、軍事面で活躍したが、革命勝利後失脚しアメリカへ亡命した。13年の反革命後、帰国して貧農を主体とする最強の革命軍を自力でつくりあげ、第二次革命を勝利に導いた。しかし第二次革命の指導者カランサ(大地主)と対立し、14年夏にサパタと同盟してカランサと戦い、一時ほぼ全土を支配したが、15年以後劣勢になり北部チワワ州ゲリラ戦を続けた。20年にカランサ政権が倒れたので、新政権と和平し農場経営にあたったが、23年政敵に暗殺された。[野田 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビリャの関連情報