コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンゲン ビンゲンBingen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビンゲン
Bingen

ドイツ西部,ラインラントファルツ州の小都市。マインツの西約 30km,ライン川とナーエ川の合流点にある。ナーエ川流域産のワイン取引の中心地。皮革加工,たばこ製造業も立地。ローマ時代には城塞が設けられていた。ナーエ川の橋やクロップ城 (1689創建,1854修復) は,当時の遺構を土台にしている。ライン川は,ビンゲン付近から峡谷に入り,急流となる。人口2万 3853 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ビンゲン(Bingen)

ドイツ西部、ラインラント‐プファルツ州の都市。ライン川に面し、支流のナーエ川の河口に位置する。正式名称はビンゲン‐アム‐ライン。古代ローマ時代より交通の要衝。ライン川の中州に通行税徴収のために建てられたねずみの塔や、現在は市庁舎となったクロップ城などの歴史的建造物がある。2002年、「ライン渓谷中流上部」として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ビンゲン【Vingen】

ノルウェー西岸のノルドフィヨルドにある,極北美術最大の遺跡。1912年に約1200点の岩面刻画が発見され,63年にも約300点が見いだされた。刻画は長さ約1500mの細長い帯状の区域に散在する。形象の大部分はシカで,ほかに人物や抽象図形が若干ある。これらは中石器時代の狩猟・漁労生活にもとづく岩面刻画である。現在もこの地にはシカが多く生息し,また良好な漁場でもある。【木村 重信】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビンゲン
びんげん
Bingen am Rhein

ドイツ西部、ラインラント・プファルツ州の都市。人口2万4700(2000)。ライン川の狭窄(きょうさく)部ビンガーロッホの上流、左岸の支流ナーエ川との合流点に位置する交通の要地。ローマ時代には砦(とりで)が、中世には要塞(ようさい)が置かれた。鉄道の分岐点にあたり、ビンガブリュッケ地区には貨物操車場がある。近隣に著名なワイン産地が多く、ワイン取引地として知られる。ライン峡谷の遊覧船の発着地、観光の拠点。[朝野洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビンゲンの関連情報