コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピウス11世 ピウスじゅういっせいPius XI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピウス11世
ピウスじゅういっせい
Pius XI

[生]1857.5.31. ミラノデジオ
[没]1939.2.10.
教皇 (在位 1922~39) 。本名 Ambrogio Damiano Achille Ratti。 1879年司祭。多くの図書館長を歴任。古文書学の権威。 1918年ポーランドへの教皇使節。 21年ミラノ大司教,枢機卿。 29年イタリア政府とラテラノ条約を結んでバチカン市国の法的地位を確立し,教会の役割を明確化した。メキシコ,ドイツとも政教条約を結んだが,ドイツとのそれが破棄されるや,37年ナチスを非キリスト教的と非難。共産主義を教会の最大の敵とみてスペインではフランコを支持したが,ムッソリーニの反ユダヤ運動が起るとこれを非難した。 31年の回勅クァドラジェシモ・アンノ」は社会,経済問題の基本を確立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

ピウス11世
Pius Ⅺ


1857.5.31 - 1939.2.10
イタリアの聖職者
元・ローマ教皇
ミラノ近郊デージオ生まれ。
本名アンブロージョ・ダミアーノ・アキルレ・ラッティ。
グレゴリアーナ大学で学び、1879年に司祭叙階し、ヴァティカン図書館長などを歴任し、枢機教及びミラノ大司教を経て1922年に教皇に任命された。海外布教、特に極東における活動を強化し、また第一次大戦で荒廃したヨーロッパにキリスト教的平和をもたらすべく努力した。晩年はナチズムと無神論的共産主義に敵対的であった。また、教皇庁科学アカデミーを創設した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ピウス11世

生年月日:1857年5月31日
教皇(在位1922〜39)
1939年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ピウス11世の関連キーワードギルバート・キース チェスタートンベルナルドゥス[マントン]ディウィニ・レデンプトリスベルナデット・スビルーカトリック・アクションピエートロ ガスパリ教皇領国家中村長八ガスパリ生年月日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android