コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピソ ピソPiso Frugi, Lucius Calpurnius

5件 の用語解説(ピソの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピソ
ピソ
Piso Frugi, Lucius Calpurnius

古代ローマ,前2世紀の政治家,年代記作者。護民官 (トリブヌス・プレビス ) ,執政官 (コンスル ) ,戸口総監 (ケンソル ) を歴任。彼の『年代記』 Annalesはローマの起源から前 146年までを含み,古代をたたえるその文体と信憑性は M.キケロリウィウスらから評価されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ピソ
ピソ
Piso, Gaius Calpurnius

古代ローマの前1世紀の政治家。前 67年の執政官 (→コンスル ) 。ポンペイウス (大ポンペイウス) の政敵。ガリアに遠征,アロブロゲス族を征服,トランスパダナを平定。のちこのときの処置についてユリウスカエサルに告訴され,キケロに弁護された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ピソ
ピソ
Piso Caesoninus, Lucius Calpurnius

古代ローマ,前1世紀の政治家。カエサルに娘をとつがせ (前 59) ,前 58年執政官 (→コンスル ) 。 P.クロディウスを支持してキケロと対立。前 57~55年マケドニアを支配。その行政はのちキケロに批判された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ピソ
ピソ
Piso, Gnaeus Calpurnius

古代ローマ,前1世紀末から後1世紀初めに在世した政治家。前7年執政官 (→コンスル ) 。 17年シリア総督。ゲルマニクス・カエサルの遠征を助けたがのち不和となり,彼を謀殺した (19) と噂された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピソ【Gaius Calpurnius Piso】

?‐65
ローマ帝政期の政治家。名門の出で,ガイウス(カリグラ)帝によって追放されたが,クラウディウス帝の治政に復権し,補欠選挙コンスル(執政官)に選ばれた。彼は優れた風采,雄弁,開放的な人柄で貴族にも庶民にも人望があり,65年のネロ帝打倒の大陰謀のときには首領に推されたが,決断力を欠いて機を失い,自殺に追いこまれた。【秀村 欣二

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピソの関連情報