コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピピン(大) ピピンだいPippin der Älter; Pépinl'Ancien

2件 の用語解説(ピピン(大)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピピン(大)
ピピンだい
Pippin der Älter; Pépinl'Ancien

[生]?
[没]640
フランク王国メロビング朝アウストラシア分邦の宮宰ピピン1世,ペパンとも呼ばれる。娘ベッガをメッツの司教の子アンセギゼルと結婚させ,その子孫がカロリング朝を築いたために,同朝の始祖といわれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピピン(大)
ぴぴん
Pippin der ltere
(?―639)

フランク王国アウストラシアの宮宰。アルデンヌ北方に所領をもった豪族の家門の出。クロタール1世死(561)後のフランク王国の内乱に際し、メッツの司教アルヌルフと結び、ブルンヒルトに対抗して、フレデグンデの息子クロタール2世を擁立し、全国統一を実現させた。娘ベッガをアルヌルフの息子アンセギゼルと結婚させ、2人の間に生まれたピピン(中)がのちにカロリング家の祖となった。[平城照介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ピピン(大)の関連キーワード可視光線表意コードVGA愛実杜順大化改新汚い戦争国連パレスチナ難民救済事業機関UNRWAポメラ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone