コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピピン(大) ピピンだい Pippin der Älter; Pépinl'Ancien

2件 の用語解説(ピピン(大)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピピン(大)
ピピンだい
Pippin der Älter; Pépinl'Ancien

[生]?
[没]640
フランク王国メロビング朝アウストラシア分邦の宮宰ピピン1世,ペパンとも呼ばれる。娘ベッガをメッツの司教の子アンセギゼルと結婚させ,その子孫がカロリング朝を築いたために,同朝の始祖といわれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピピン(大)
ぴぴん
Pippin der ltere
(?―639)

フランク王国アウストラシアの宮宰。アルデンヌ北方に所領をもった豪族の家門の出。クロタール1世死(561)後のフランク王国の内乱に際し、メッツの司教アルヌルフと結び、ブルンヒルトに対抗して、フレデグンデの息子クロタール2世を擁立し、全国統一を実現させた。娘ベッガをアルヌルフの息子アンセギゼルと結婚させ、2人の間に生まれたピピン(中)がのちにカロリング家の祖となった。[平城照介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピピン(大)の関連キーワード西フランク王国東フランク王国フランク王国フランク族ランゴバルドカール[3世]アルヌルフ[ケルンテンの]Diaz de la Peña,N.Karlmann(フランク王国)フランク王国教会法典

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone