コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィレンツェ公会議 フィレンツェこうかいぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィレンツェ公会議
フィレンツェこうかいぎ

「フェララ=フィレンツェ公会議」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィレンツェこうかいぎ【フィレンツェ公会議】

1438‐39年にイタリアのフェラーラフィレンツェで開催された公会議。バーゼル公会議(1431‐39)の開催中,ローマ教皇エウゲニウス4世(在位1431‐47)が,ベネチアに到着(1438年2月)したヨハネス8世以下のビザンティン側代表団を迎えて,まず1438年4月9日フェラーラで開き,39年2月26日以後さらにフィレンツェに会場を移して,ラテン・ビザンティン両教会統一のために催した。 1054年のミハエル・ケルラリオスのシスマ(分裂)以後,ビザンティン側はシャルル・ダンジューのコンスタンティノープル進攻の矛先をかわすためにローマ教会との提携を策し,ミハエル8世がリヨン公会議(1274)に皇帝特使を派遣して,分裂以来(さかのぼっては9世紀末,コンスタンティノープル総主教フォティオス以来)の争点である,(1)ローマ教皇の首位制,(2)聖霊の〈子からも〉(フィリオクエ)の発出,(3)酵母(たね)をいれぬパンの典礼((2),(3)はラテン教会の慣行),を認めたけれども,自国のキリスト教徒の受け入れるところとはならなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィレンツェ公会議
ふぃれんつぇこうかいぎ

フィレンツェで開かれたカトリック教会の公会議(1439~42)。1431年以来、バーゼル、フェッラーラで開催されていたものが、さらにフィレンツェに移されたもので、これらはまとめて第17回公会議とされる。フィレンツェでは、東西教会合同問題が討議され、聖霊は聖父と聖子より(フィリオクエ)発出したとの西方教会の主張が東方側にも認められ、また、ペテロの後継者にしてキリストの代理者たる教皇が全教会にわたる指導権を有する旨の教皇首位権も東方教会により承認され、両教会の和解が成立した。しかし、この東方の譲歩は、オスマン帝国(トルコ)に対抗するため西方の援助を得たいという政治的動機によるものであったため、この合同の成果も永続的なものではありえなかった。[梅津尚志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フィレンツェ公会議の関連キーワードゲミストス・プレトンゲンナディオス2世ベルナルディヌスヨハネス[8世]東西両教会の分裂アルギュロプロスベッサリオンスホラリオス教皇の首位権イシドールプレトン

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android