コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルトマン フェルトマンVeltman, Martinus J.G.

2件 の用語解説(フェルトマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェルトマン
フェルトマン
Veltman, Martinus J.G.

[生]1931.6.27. オランダ
オランダの素粒子物理学者。 1963年ユトレヒト大学で物理学博士号を取得。 66~81年同大学教授,81年以降アメリカミシガン大学教授をつとめる。 69年以降 G.トーフトとともに自然界に働く力を統一する理論の研究に取組む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェルトマン
ふぇるとまん
Martinus J.G. Veltman
(1931― )

オランダの理論物理学者。オランダ南部の町ワールワイク生まれ。ユトレヒト大学を卒業後、1955年にアムステルダムのファン・デル・ワールス研究所に就職。兵役の後、大学院生としてユトレヒト大学に戻る。ヨーロッパ原子核研究機構(CERN(セルン))でも研究を続け、1963年にユトレヒト大学の博士号を取得、1966年に同大教授となる。1968年に1か月だけ滞在したロックフェラー大学で、後のノーベル賞受賞につながる研究を開始。指導すべき学生として1969年に知り合った当時22歳のG・トホーフトとともにその研究を続け、その成果を1971年にオランダで開かれた素粒子物理の国際会議でトホーフトが発表した。素粒子がお互いに力を及ぼし合うようすなどを説明する「標準理論」は当時、数学的な厳密さが不十分で、発見されつつあった新素粒子の性質などを説明しきれず、理論物理の世界には無力感が漂っていた。トホーフトとの研究により、標準理論に数学的な厳密さを与え、のちに発見されるW粒子やZ粒子、トップ・クォークなどの質量の大きさなども正確に予言できるようになり、「理論の復権」ともいわれた。1981年に渡米してミシガン大学教授。トホーフトとともに、「電弱相互作用の量子論的構造の解明」により1999年のノーベル物理学賞を受賞した。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フェルトマンの関連キーワードドイツ映画ダイハツ三輪車第1号車(HA型)谷川岳井上財政満州事変南国太平記艾蕪パプストプラクネット球枕状構造

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フェルトマンの関連情報