コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェレット フェレット Mustela putorius furo; ferret

6件 の用語解説(フェレットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェレット
フェレット
Mustela putorius furo; ferret

食肉目イタチ科。体長は雄 38cm,雌 34cm,尾長 12~14cm。体は細長く,前後肢は短い。体色は白色か淡色。肛門腺から悪臭のある分泌物を出す。西ヨーロッパからウラル山脈にすむヨーロッパケナガイタチ Mustela putoriusを家畜化したもので,ネズミ退治用にローマ時代から飼育されていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フェレット(ferret)

ヨーロッパケナガイタチの飼養品種。家畜化の歴史は古く、ウサギ狩りなどに使われ、最近では実験動物に用いられる。フィッチ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

フェレット

イタリアのロンバルディア(Lombardia)地方に産出するラテライトで,鉄に富む堆積物[Walther : 1889].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フェレット【ferret】

おもにヨーロッパでネズミの駆除やアナウサギ狩りに使われてきたイタチに似て,全身白色の家畜化された動物(イラスト)。食肉目イタチ科の哺乳類。ときに淡黄色の個体もある。ヨーロッパケナガイタチを祖先にもつと考えられる。体型や基本的な性質はケナガイタチによく似ている。体長31~35cm,尾長11~13cm。すでに前4世紀に飼育下で繁殖され,人によくなれ活発に遊ぶことから,ネズミをはじめとする齧歯(げつし)類の害への対応策として,今日のネコのように飼われるか,あるいは訓練したうえで,細い体の利点を利用してアナウサギの巣穴に潜らせ,地中から追い出すのに使われていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フェレット【ferret】

イタチの一種。ヨーロッパケナガイタチを家畜化したもの。実験動物として用いられるほか、愛玩用。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェレット
ふぇれっと

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフェレットの言及

【ケナガイタチ】より

…ヨーロッパ東部から中国北東部,チベットまでの草原,半砂漠にすむ近縁のステップケナガイタチMustela eversmanni(英名steppe polecat)は,淡色で尾の先半分だけが黒い。家畜のフェレットMustela furo(英名ferret)の原種といわれるが,染色体が違う。北アメリカのクロアシイタチMustela nigripesにも酷似するが,これとも別種らしい。…

【実験動物】より

…産子数は1~13匹(平均8匹)。(6)フェレットferret 食肉目イタチ科ムステラ属。ジステンパー研究用に実験動物化され,インフルエンザ研究用に重用されている。…

【ケナガイタチ】より

…ヨーロッパ東部から中国北東部,チベットまでの草原,半砂漠にすむ近縁のステップケナガイタチMustela eversmanni(英名steppe polecat)は,淡色で尾の先半分だけが黒い。家畜のフェレットMustela furo(英名ferret)の原種といわれるが,染色体が違う。北アメリカのクロアシイタチMustela nigripesにも酷似するが,これとも別種らしい。…

【実験動物】より

…産子数は1~13匹(平均8匹)。(6)フェレットferret 食肉目イタチ科ムステラ属。ジステンパー研究用に実験動物化され,インフルエンザ研究用に重用されている。…

※「フェレット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フェレットの関連キーワード南ヨーロッパ家鼠ヨーロッパトルコヨーロッパロシア穴兎ミニヨーロッパコマネズミヨーロッパ通貨機構ヨーロッパネズミノミヨーロッパ級

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フェレットの関連情報