コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ化カルシウム(読み)フッかカルシウム(英語表記)calcium fluoride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フッ化カルシウム
フッかカルシウム
calcium fluoride

化学式 CaF2 。天然には蛍石として産出する。炭酸カルシウムフッ化水素酸を作用させると無色結晶性沈殿として得られる。比重 3.18,融点 1403℃,硬度4。加熱するとケイ光を発する。水に不溶。濃硫酸と熱するとフッ化水素を発生する。フッ素化合物の原料,製鉄用融剤,ガラスおよびほうろう用材料,赤外・紫外分光用プリズムなどに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フッ化カルシウム
ふっかかるしうむ
calcium fluoride

カルシウムとフッ素の化合物。天然に蛍石(ほたるいし)として産出する。カルシウム塩の水溶液とフッ化ナトリウムなどの水溶液を混合するとコロイド状の沈殿として得られるが、精製が困難である。結晶を得るには、炭酸カルシウムまたは水酸化カルシウムをフッ化水素酸に溶解したのち蒸発濃縮する。無色の硬い結晶で加熱すると紫色の燐光(りんこう)を発する。硬さ四で、モース硬度の標準となっている。水にはほとんど溶けないが、アンモニウム塩水溶液や薄い無機酸にはわずかに溶ける。フッ化水素酸にも溶解し、その溶液からフッ化水素酸カルシウム六水和物Ca(HF2)2・6H2Oが晶出する。濃硫酸と熱するとフッ化水素が発生する。
 フッ素化合物の製造原料、ガラスおよびほうろう工業における原料、製鉄用融剤などのほか、赤外および紫外分光器の光学系の材料として用いられる。[鳥居泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android