コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フヨウ(芙蓉) フヨウHibiscus mutabilis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フヨウ(芙蓉)
フヨウ
Hibiscus mutabilis

アオイ科の落葉低木。九州,琉球列島,中国南部に分布し,広く庭園に栽培される。高さ 1.5~3mになり,全体に星状毛が生える。葉は 10~20cmの柄があって互生し,葉身は五角状円心形で浅く3~7裂し,長さ,幅とも 10~20cm。花期は8~9月。花は径7~13cmの5弁花で,色は淡紅色,まれに白色,また,白色であるがしぼむと淡紅色になる栽培種もある。花弁の基部は癒合し,花柱の先は5裂し丸い柱頭が乗る。果は径 2.5~3cmの球形,黄色っぽく硬い毛におおわれ,熟すと5片に割れ,片側に毛の生えた種子を散らす。樹皮は和紙の補助材料となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フヨウ(芙蓉)【フヨウ】

中国原産のアオイ科の落葉低木。南西日本の一部には,野生状態ではえている。庭園や花壇の植込みにされるが,関東以北では育たず,暖地以外では冬枯れるので,ふつう園芸的には宿根草として扱われる。
→関連項目ハイビスカス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フヨウ【フヨウ(芙蓉) cotton rose】

観賞用に庭に植えられる中国,日本南西部原産のアオイ科の低木(イラスト)。中国名は木蓉。高さ1.5~3mに達し,茎葉には星状毛がある。葉は長柄を有し,掌状に3~7裂し,周囲は鈍鋸歯状となる。花は腋生(えきせい),長柄を有し,深く裂けた5片の萼と,細い線形の小苞片7~12本をもつ。花は7~9月,直径8~10cm,淡桃色で夕方には濃くなってしぼむ。果実は球状有毛。種子には長毛がある。種子は硬実で発芽が遅いから,傷をつけてからまく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

フヨウ(芙蓉)の関連キーワード宝相華文

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android