コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フヨウ(芙蓉) フヨウ Hibiscus mutabilis

3件 の用語解説(フヨウ(芙蓉)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フヨウ(芙蓉)
フヨウ
Hibiscus mutabilis

アオイ科の落葉低木。九州,琉球列島,中国南部に分布し,広く庭園に栽培される。高さ 1.5~3mになり,全体に星状毛が生える。葉は 10~20cmの柄があって互生し,葉身は五角状円心形で浅く3~7裂し,長さ,幅とも 10~20cm。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フヨウ(芙蓉)【フヨウ】

中国原産のアオイ科の落葉低木。南西日本の一部には,野生状態ではえている。庭園や花壇の植込みにされるが,関東以北では育たず,暖地以外では冬枯れるので,ふつう園芸的には宿根草として扱われる。
→関連項目ハイビスカス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フヨウ【フヨウ(芙蓉) cotton rose】

観賞用に庭に植えられる中国,日本南西部原産のアオイ科の低木(イラスト)。中国名は木芙蓉。高さ1.5~3mに達し,茎葉には星状毛がある。葉は長柄を有し,掌状に3~7裂し,周囲は鈍鋸歯状となる。花は腋生(えきせい),長柄を有し,深く裂けた5片の萼と,細い線形の小苞片7~12本をもつ。花は7~9月,直径8~10cm,淡桃色で夕方には濃くなってしぼむ。果実は球状で有毛。種子には長毛がある。種子は硬実で発芽が遅いから,傷をつけてからまく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フヨウ(芙蓉)の関連キーワード植木大山蓮華月見草唐棕櫚灯台躑躅カザグルマダンギクハマボウムクゲ(木槿)モミジアオイ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone