コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランクル フランクル Frankl, Viktor Emil

5件 の用語解説(フランクルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランクル
フランクル
Frankl, Viktor Emil

[生]1905.3.26. ウィーン
[没]1997.9.2. ウィーン
オーストリア精神分析学者。ウィーン大学医学部神経科教授兼ウィーン市立病院神経科部長。「第三ウィーン学派」の理論家として独自の実存分析を主唱した。 S.フロイト,A.アドラーに師事。第2次世界大戦中,ユダヤ人であるためにナチスによってアウシュウィッツ収容所に送られ,両親,妻子をともに失い,1人生残った体験が,フロイト理論をしのぐ実存分析を生む素地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フランクル(Viktor Emil Frankl)

[1905~1997]オーストリアの精神医学者。第二次大戦中に強制収容所に収容され、そこでの生活の体験と実存主義の影響のもとに、医師と患者との人格的交わりを重視したロゴテラピー(実存分析的精神療法)を創始した。著「夜と霧」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フランクル

オーストリアのユダヤ系精神医学者。第2次世界大戦ではナチスにより家族とともに逮捕され,アウシュビッツ強制収容所へ送られた。その経験を起点に戦後,実存分析を創始,人間存在の基盤としての責任や倫理を重んじる治療論ロゴテラピーLogotherapieを唱えた。
→関連項目ケロール実存主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フランクル【Viktor Emil Frankl】

1905‐97
実存分析を創始したオーストリアの精神医学者。ウィーン大学医学部を卒業後,精神分析を学んだが,第2次大戦中ユダヤ人であるという理由で両親,妻,2人の子どももろとも逮捕され,アウシュビッツの強制収容所へ送られて,苦しみの日々を体験し,この記録(邦訳名《夜と霧》)を戦後に刊行(1947)した。学問的には,S.フロイトの精神分析とA.アードラー個人心理学を止揚して,人間を自由と責任ある存在としてとらえることにより,独自の実存分析Existenzanalyseとその治療論としてのロゴテラピーLogotherapieを唱え,新ウィーン学派と呼ばれたが,その基底には人間存在を構成する身体‐心‐精神という3次元のうち精神的次元を重視する姿勢がよこたわる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フランクル【Viktor Emil Frankl】

1905~1997) オーストリアの精神医学者。第二次大戦中のナチスの収容所での体験を経て、生きる意味への意志を重視する実存分析的な心理療法ロゴテラピーを創始した。著「夜と霧」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフランクルの言及

【愛】より

…とはいえ,精神分析では,愛の基底に性衝動(リビドー)の発達過程を想定しており,したがって〈愛〉というより〈性愛(セクシュアリティ)〉と呼ぶのがふさわしく,こうした考え方に対して,フロイトは〈愛〉のなかに性欲の二次的上部構造しか見ていないというM.シェーラーの批判や,彼の自然科学的・機械論的体系が〈愛〉をはじめから奇形化してしまったというM.ボスの反論などもある。 シェーラーやボスをふくめて〈愛〉を人間と人間の人格的な関係とみるのが現象学派や人間学派で,たとえば実存分析のV.E.フランクルによると,〈愛する〉とは,交換可能で無名(アノニム)な対象でなく,〈汝〉と呼べる相手の価値をその一回性と独自性において肯定することを指し,その意味で〈愛は盲目〉などでありえない。こうした〈我〉と〈汝〉を結ぶ愛の両数的様態はL.ビンスワンガーでも強調され,すなわちこの様態のなかで〈我〉と〈汝〉はともにみずからの豊かな可能性を実現するだけでなく,世界の無限性と永遠性に参与すると説かれる。…

【実存分析】より

…《夜と霧》で知られるオーストリアの精神医学者フランクルが第2次大戦後にとなえた学説。人間存在の基盤としての責任性と倫理性に着目しながら,人生の意味と価値を分析していくところに本質があり,その治療理念としてロゴテラピーLogotherapieが生まれた。…

【夜と霧】より

V.E.フランクルが自分自身の体験をもとに書いたナチスの強制収容所の記録で,ドイツ語の原題は《Ein Psycholog erlebt das Konzentrationslager》。第2次大戦後の1947年に刊行されて人々の感動を呼んだ。…

※「フランクル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フランクルの関連キーワードアドラーレインオーストリア併合オーストリアハンガリー帝国実存分析心身医学オーストリー精神分析療法シルダーフェダーン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フランクルの関連情報