フランネル(英語表記)flannel

翻訳|flannel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単にフラノネルなどともいう。平織または斜文組織で,軽く縮絨 (フェルト化) し,表面を起毛した薄地紡毛織物,およびその類似織物。本ネル (純毛) ,綿ネル,スフネル,サクソニーフランネル (サクソニー羊毛) があり,組織により平ネル,綾ネル,また起毛状態により平面ネル,片面ネルがある。用途は紳士服,婦人服,綿ネルは下着,寝間着,ベビー服など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

日本では略してフラノとも。毛織物の一種。綿ネルをネルというのに対し本ネルとも。経(たて)糸,緯(よこ)糸とも紡毛糸を用いるか,経に梳毛(そもう)糸,緯に紡毛糸を使用し,製織後に軽く縮充して起毛する。英ネルは平織で起毛が軽く,ドイツネルは綾織で起毛が多い。柔軟で弾力があり保温性に富み,背広服,スーツ,シャツなどにする。綿ネルは下着,寝巻などにする。
→関連項目縮充フロック加工紡毛織物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

16世紀にイギリスのウェールズ地方で始まった毛織物。フラノは日本での略称。ネルとも呼び,綿ネルに対して本ネルという。経糸にやや強めの撚りをかけた紡毛糸,緯糸は甘撚りの紡毛糸を用いるが,経糸に梳毛糸(そもうし)や綿毛混紡糸を使ったものもある。織り上げた後,軽く縮絨し,片面,または両面に起毛仕上げをして毛羽を立たせる。手ざわりが柔らかく弾力があり,保温性に富む。平織で軽い起毛のものを英ネル,綾織のよく起毛したものをドイツネルと呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

両面を起毛した柔らかな平織り、または綾織りの紡毛織物。梳毛そもうや綿を用いたものもある。フラノ。ネル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (flanel flannel) 紡毛織物の一つ。平織またはあや織の、柔軟で、軽く、布面をややけば立たせたもの。フラノ。
※ワートル薬性論(1840)一三「布羅涅児(フラネル)(毛布の名)」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android