コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランネル フランネルflannel

翻訳|flannel

6件 の用語解説(フランネルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランネル
フランネル
flannel

単にフラノ,ネルなどともいう。平織または斜文組織で,軽く縮絨 (フェルト化) し,表面を起毛した薄地紡毛織物,およびその類似織物。本ネル (純毛) ,綿ネル,スフネル,サクソニーフランネル (サクソニー羊毛) があり,組織により平ネル,綾ネル,また起毛状態により平面ネル,片面ネルがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フランネル(flannel)

紡毛糸で平織りまたは綾織りにし、布面をやや毛羽立たせた柔らかな毛織物梳毛糸(そもうし)・綿糸などを使ったものもある。肌着・パジャマ地・服地などに用いる。ネル。→フラノ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

フランネル

日本では略してフラノとも。毛織物の一種。綿ネルをネルというのに対し本ネルとも。経(たて)糸,緯(よこ)糸とも紡毛糸を用いるか,経に梳毛(そもう)糸,緯に紡毛糸を使用し,製織後に軽く縮充して起毛する。
→関連項目縮充フロック加工紡毛織物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フランネル【flannel】

16世紀にイギリスウェールズ地方で始まった毛織物。フラノは日本での略称。ネルとも呼び,綿ネルに対して本ネルという。経糸にやや強めの撚りをかけた紡毛糸,緯糸は甘撚りの紡毛糸を用いるが,経糸に梳毛糸(そもうし)や綿毛の混紡糸を使ったものもある。織り上げた後,軽く縮絨し,片面,または両面に起毛仕上げをして毛羽を立たせる。手ざわりが柔らかく弾力があり,保温性に富む。平織で軽い起毛のものを英ネル,綾織のよく起毛したものをドイツネルと呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

フランネル【flannel】

両面を起毛した柔らかな平織り、または綾織りの紡毛織物。梳毛そもうや綿を用いたものもある。フラノ。ネル。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フランネルの関連情報