フレイ(読み)ふれい(英語表記)Eduardo Frei Montalva

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレイ(Eduardo Frei Montalva)
ふれい
Eduardo Frei Montalva
(1911―1982)

チリの政治家。スイス人移民の子としてサンティアゴ市に生まれる。カトリック大学卒業後弁護士となり、国民ファランヘ党(後のキリスト教民主党)を結成。1964年に大統領に当選、キリスト教的共同体社会を実現すべく銅産業のチリ化や農地改革を進めた。1970年成立のアジェンデ社会主義政権には批判的であったが、これを打倒したピノチェトの軍事政権に対しても民主主義と人権擁護の立場から対決の姿勢をしだいに明らかにした。[乗 浩子]
『E・フレイ・モンタルバ著、鹿島平和研究所訳『ラテンアメリカの運命』(1969・鹿島研究所出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フレイの関連情報