コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フン族 フンゾク

デジタル大辞泉の解説

フン‐ぞく【フン族】

Hun》北アジアの遊牧騎馬民族。中央アジアのステップ地帯にいたが、4世紀中ごろから西へ移動を始め、東ゴート族西ゴート族を圧迫し、ゲルマン民族大移動の原因となった。5世紀中ごろ、アッティラ王の時代が全盛期で、王の死後急速に衰えた。匈奴(きょうど)同族ともいわれるが不明。フン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

フンぞく【フン族 Hunnen】

内陸アジア・ステップ地帯の遊牧騎馬民族。民族の系統は不明の点が多いが,トルコ・モンゴル系の民族が中核となり,これに種々の民族が包括されたものと考えられる。中国古代史に登場する匈奴の一部が西遷したものの後裔であるか否かは,長いあいだ論争の的となってきたが,現在もまだ決着がついていない。2世紀以降,中央アジアよりしだいに西進して,ヨーロッパ方面に移動し,350年ころにはサルマート系アラン人を支配下に収め,375年ころにはボルガ流域の東ゴート族を征服,これに隣接する西ゴート族を東ローマ領内に追った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フンぞく【フン族】

フン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フン族
フンぞく

フン民族」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のフン族の言及

【ローマ】より

…この間にガリアのアルモリカでは農民反乱であるバガウダイの乱が鎮圧されず,ブルグント族もライン下流を渡り進出し,ガリアに入った。ローマの将軍アエティウスはフン族にブルグンドを討たせて2万人を殺戮した。そのフン族もアッティラ王の下に大軍をもってガリアに攻め入ったので,アエティウスは少数のローマ正規軍のほかガリア定住の同盟部族,個別的定住の異民族(ラエティ)を総動員し,451年カタラウヌムの戦でこれを退けた。…

※「フン族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

フン族の関連キーワードサント・ジュヌビエーブ修道院ロムルス・アウグスツルスカタラウヌム平原の戦いウァレンチニアヌス3世テオドシウス[2世]聖ウルスラの聖遺物箱ヒルデブラントの歌オリュンピオドロスニーベルンゲンの歌テオドシウス2世カタラウヌムの戦ジュヌビエーブクリームヒルトブルグント王国アウィトゥスレオ[1世]フリチゲルンアクイレイアアタナリックセーケイ人

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android