コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブチルアルコール ブチルアルコールbutyl alcohol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブチルアルコール
butyl alcohol

ブタノールともいう。化学式 C4H10O 。次の4種の異性体がある。 (1) ノルマルブチルアルコール 無色の液体沸点 117~118℃。デンプングリセリン,またはマンニットの発酵で生成される。 (2) 第二ブチルアルコール 無色の液体。沸点 99.5℃。 (3) イソブチルアルコール 無色の液体。沸点 107.9℃。 (4) 第三ブチルアルコール 無色の結晶。融点 25.55℃,沸点 82.5℃。いずれも,溶媒,エステル化の試薬などに用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ブチルアルコール

化学式はC4H9OH。ブタノールとも。4種の異性体がある。n‐ブチルアルコールCH3(CH23OHは特異臭のある無色の液体で,融点−89.53℃,沸点117.25℃。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブチルアルコール【butyl alcohol】

炭素数4個の脂肪族飽和アルコール(一般式C4H10OH)で,ブタノールbutanolともいう。以下に記す4種の異性体がある。
n‐ブチルアルコール]
 IUPAC名は1‐ブタノール。化学式CH3(CH2)3OH。特異臭のある無色の液体。融点-89.53℃,沸点117.25℃。糖みつの発酵によってもつくられたが,現在はおもに石油化学法による。アセトアルデヒドCH3CHOのアルドール縮合によりクロトンアルデヒドCH3CH=CHCHOを生成し,これを水素化還元する方法,プロピレンCH3CH=CH2を,触媒を用いて一酸化炭素および水素あるいは水と反応させるオキソ法,あるいはレッペ反応により工業的に生産される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ブチルアルコール【butyl alcohol】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブチルアルコール
ぶちるあるこーる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブチルアルコールの関連キーワードブーボー=ブラン反応ポリビニルブチラールブーボー=ブラン還元ポリビニルアセタールエチルメチルケトンアセトアルデヒドリン酸トリブチルアミロペクチンブートレロフ硝酸カリウムフーゼル油オキソ合成アミロース工業用発酵イソ酪酸せっけん抽出蒸留アセトンブテンDBP

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android