コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリンディジ ブリンディジ Brindisi

5件 の用語解説(ブリンディジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリンディジ
ブリンディジ
Brindisi

イタリア南部東端,プーリア州ブリンディジ県の県都,港湾都市アドリア海にのぞみ,古くはギリシア語でブレンテシオン,ラテン語ブルンディシウムと呼ばれたギリシアとの連絡港。前 266年にローマの都市となり,半世紀後にはハンニバルに対する抵抗の拠点となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブリンディジ(Brindisi)

イタリア南部、プーリア州の港湾・工業都市サレント半島北岸、アドリア海に面した天然の良港を擁し、古くからギリシャアジア方面への海の玄関口として栄えた。大航海時代以降、重要性が薄れて長らく停滞していたが、19世紀のスエズ運河の開通以降、再び同国を代表する港の一つになっている。アッピア街道の終点を示す古代ローマ時代の円柱やアラゴン家が建てた城が残っている。ブリンディシ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブリンディジ

イタリア南部,プーリア州のアドリア海岸の港湾都市。農・漁業の中心地で,ギリシアへのフェリーが発着。古くはブルンディシウムと呼ばれ,ローマ時代,アッピア街道によってローマと直通し,東方への重要な港であったが,十字軍以後衰退した。
→関連項目メッツォジョルノ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブリンディジ【Brindisi】

イタリア南部,プーリア州のアドリア海に面する港湾都市。古名ブルンディシウムBrundisium。人口9万3290(1990)。イタリア半島最南端に位置する天然の良港で,古代から東方への中継地として栄え,農業,商工業の中心地。ローマ時代,アッピア街道によりローマ~ブリンディジ間が直通し,東方への軍港,商業港として繁栄。中世には聖地巡礼,十字軍の出発地であった。アンジュー,アラゴン,スペインブルボンの支配を経,スエズ運河の開通により1870‐1914年には西洋と東洋を結ぶ主要港となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリンディジ
ぶりんでぃじ
Brindisi

イタリア南部、プーリア州ブリンディジ県の県都。人口9万1664(2001国勢調査速報値)。サレンティーナ半島北岸、アドリア海に臨む港湾・工業都市で、農産物の集散地。港は天然の良港で、ローマ時代にはアジア方面への渡航基地として栄え、またアッピア街道の終点でもあった。その後、停滞の時代が長く続くが、1869年のスエズ運河開通を契機として活路が開かれた。現在は東地中海、とくにギリシアへの連絡港として重要。1943年9月~44年2月バドリオ政権の拠点が置かれた。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブリンディジの言及

【プーリア[州]】より

…イタリア半島の南東部を占め,アドリア海に沿っており,南東端のサレント半島の南岸はイオニア海のターラント湾に臨んでいる。フォッジア,バーリ,ターラント,ブリンディジ,レッチェの五つの県があり,州都はバーリ。山がちなイタリアのなかで,この州はほとんどが平野もしくは台地上の丘陵で,北西部のアドリア海に突き出たガルガノ半島およびモリーゼ,カンパニア両州との境界が山地をなしている程度で,標高1000mを超える山はわずかである。…

※「ブリンディジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリンディジの関連キーワードバーリイタリア半島アブルッツォオレビッチサンニコラ教会プーリアモリーゼアドリア海の復讐カステル-デルモンテプーリア[州]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブリンディジの関連情報