コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラークリット語 プラークリットごPrakrit languages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラークリット語
プラークリットご
Prakrit languages

中期インド=アーリア語ともいうべき言語で,文章語としてのサンスクリット語に対して,文献上に残された口語方言の総称。その起源はベーダ時代までさかのぼるが,現今知られているプラークリット語は必ずしも当時の俗語をそのまま伝えているものではなく,ある程度に修飾固定されて一種の文章語となったもの。古くはアショーカ王碑文にみられ,すでに数種の方言的区別が認められる。初期仏教経典のパーリ語,ジャイナ教のアルダマーガディー語もプラークリット語である。また古典劇においても,王やバラモンを除く他の登場人物は,プラークリット語を使用する。しかし,会話にはシャウラセーニー語,詩句にはマーハーラーシュトリー語,卑賤の者はマーガディー語を用いる場合が演劇では一般であった。サンスクリット語と対比すると,音韻的には子音の脱落や強化,文法的には双数や中動態の衰退などが目立つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

プラークリット語【プラークリットご】

インド・ヨーロッパ語族インド語派に属する中期インド語の総称。雅語としてのサンスクリット(梵(ぼん)語)に対する自然な民衆の言語。パーリ語のほか多くの方言がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プラークリットご【プラークリット語 Prakrit】

中期インド・アーリヤ語(インド語派)の総称。サンスクリットが〈完成されたsaṃskṛta〉雅語であるのに対して,〈自然のprākṛta〉民衆の言語の意。古典サンスクリットパーニニの文法によって固定し,以後文学のため,また広く書き言葉として用いられたが,生きた言語としての生命を失った。これに対してプラークリット語は,古くインドに侵入したこの語族の人々が各地に定着し,自然の変化にゆだねた言語を反映するものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラークリット語
ぷらーくりっとご
Prkrit

中期インド・アーリア語の別称。サンスクリット語に対蹠(たいせき)される概念で、字義的には「自然な、粗野な、人為の加えられていない」言語、すなわち通俗語、方言を意味している。[原 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のプラークリット語の言及

【アパブランシャ語】より

…中古インド・アーリヤ語の一種で,サンスクリット語,プラークリット語と並んで使用された。〈転訛したapabhraṁśa〉という意味の示すごとく,元来地方的俗語を基礎として発達したので数種の区別があるが,現存の資料はいずれも文章語として用いられたもので,日常方言を示すものではない。…

【インド演劇】より


[演技と用語]
 舞台装置がきわめて簡単であったから,俳優の演技は重要で,脚本に示されている〈ト書き〉に基づいた身ぶりによって装置の不備を補った。用語の面では,インドの古典劇は文章語のサンスクリット語と俗語を基礎とするプラークリット語を混用するのが通則で,サンスクリット語はバラモン,国王,大臣,学者,将軍など上流の男性が用い,プラークリット語は婦人,子どもおよび身分の低いものが使用し,道化役もこれを用いる。しかし,プラークリット語には使用者の種類や地位によって数種の別があり,アパブランシャ語の用いられることもあった。…

【インド文学】より

…プラーナとは〈古譚〉を意味し,宇宙の創造,その破壊と再建,神々および聖賢の系譜,人間の始祖マヌの支配する長期間の記述,日種および月種の王族の系譜の5題目を主題とする規定であるが,現存のプラーナ文献の多くはヒンドゥー教の主神ビシュヌとシバの両神に関する神話,伝説を主体とし,信徒は宗派の聖典とみなしている。二大叙事詩の言語はすでに古代のベーダ語に比し変化を示しているが,前4世紀に大文典家パーニニが出て古典サンスクリット語の基礎を確立するに及び,この言語は文章語として,俗語を基礎として発達したプラークリット語とともに,中古文学の用語として使用され,幾多の傑作・逸品を残した。
【中古文学(古典サンスクリット文学)】
 素朴単純なベーダの宗教文学は,中古文学にいたって内容とともに文体,措辞,韻律の方面で著しい発達をとげ,修辞と技巧を主とする繊細華麗な美文体のカービヤ文学時代を現出し,各分野にインド文学の最盛期を画した。…

※「プラークリット語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プラークリット語の関連キーワードデメトリオス1世[バクトリア]仏教混交サンスクリットインド・ヨーロッパ語族アーンスト ロイマンインド=アーリア語派ラージャシェーカラサンスクリット文学プラークリット文学ニヤ(尼雅)遺跡パイシャーチー語アショーカ王石柱ブリハットカターアパブランシャ語ナーガリー文字マーガヒー方言マラーティー語ムンダ諸言語グナーディヤシュードラカベンガル語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android