コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロット ぷろっとplot

翻訳|plot

知恵蔵の解説

プロット

ストーリー」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

プロット(plot)

[名](スル)
小説・演劇・映画などの筋・構想。
統計などで、データを図表上に示すこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

プロット【plot】

物語・小説・戯曲・映画などの筋立て。筋。構想。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロット
plot

戯曲や小説で,展開するさまざまな事件を統合し芸術的効果をつくりだす筋の仕組み。 E.M.フォースターの定義 (『小説の諸相』 1927) によれば,物語や寓話の出来事が時間の順序どおりに並べられているのに対して「因果関係を意識して出来事を組立てている」ものとされる。

プロット

演劇団体名。日本プロレタリア劇場同盟の略称。 1928年3月に結成されたナップの構成単位として,翌年2月に左翼劇場,大阪戦旗座,京都青服劇場など6劇団が中心となって創設した。 31年 10月には個人加盟も認めて日本プロレタリア演劇同盟 (略称は同じくプロット) と改称。国際労働者演劇同盟など国際組織の日本支部でもあった。 31年 11月ナップが発展的に解消してコップが結成されるのに伴い,その構成単位となったが,政治的偏向官憲の弾圧で活動は停滞し,34年7月に新協劇団に吸収された。その間,プロレタリア・リアリズム,唯物弁証法的創作方法を掲げて,村山知義の『暴力団記』や『志村夏江』,久保栄の『中国湖南省』などを築地小劇場で上演した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロット
ぷろっと
plot

小説、劇、長詩などの筋立て、構成のこと。普通、ストーリー(物語)の展開の意に用いられるが、ストーリーが内容の時間的経過による発展、展開を表すのに対し、プロットは主題を中心とする登場人物の性格、心理など内面的展開が加わる。アリストテレス以来、プロットは描写に先だつ重要な要素と考えられてきたが、一般には筋書き、梗概(こうがい)と同一視され、なかでも推理小説はプロットの意外性に負うところが大きい。[船戸英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のプロットの言及

【職場演劇】より

… 日本の労働運動のなかでは,すでに大正期に自主的な演劇サークルが誕生し,平沢計七らの戯曲創作もあったが,盛んになったのは昭和初めのプロレタリア演劇運動の進展においてであった。1928年に創立されたプロット(日本プロレタリア演劇同盟)は職場,農村,学校での自主的演劇の成長をスローガンに掲げて,最盛期には200余の演劇サークルが活動を行っていた。なお,これらの演劇活動は〈自主演劇〉とも呼ばれたが,これはドイツ語のSelbständiges Theaterを直訳したものである。…

【プロレタリア演劇】より

…一方,28年は日本のプロレタリア芸術運動の内部闘争がようやくまとまって〈左翼劇場〉のもとに合同が行われた年でもあり,さらに同年,全国無産者芸術同盟(ナップ)が組織されると,同劇場はその演劇部となり,村山知義の《暴力団記》や徳永直(すなお)の《太陽のない街》などが上演された。同時期に日本プロレタリア演劇同盟(略称プロット)も結成され,この組織は30年に国際労働者演劇同盟(略称IATB)に加わっている。31年には築地小劇場の流れを汲む〈新築地劇団〉もプロットに加盟し,プロレタリア演劇が新劇の主流の観を呈したが,やがて弾圧が厳しくなり,34年にはプロットは解散に追い込まれた。…

※「プロット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プロットの関連キーワードウルフ‐ラインウィーヴァー‐バークプロットラインウィーヴァー‐バークの公式蝶形図形(マウンダーの蝶形図形)ヘルツシュプルング=ラッセル図A.バートラム チャンドラーコールラウシュの平方根則マウンダーの蝶形パターンベーテ‐スレイター曲線エリザベス ブルックスキュリーの法則(磁性)マイヤーの原子容曲線リングボームプロットロナルド クレーン微分重量分布関係式ヒルの式(生理学)ジョージ アボットスコット ベーカーダリッツプロットヒプソグラフ曲線キット ペドラー

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プロットの関連情報