コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロレタリア革命 プロレタリアかくめい

6件 の用語解説(プロレタリア革命の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロレタリア革命
プロレタリアかくめい

労働者階級無産階級としてのプロレタリアートヘゲモニーのもとに資本主義体制の搾取と抑圧を一掃し,国家と私的所有の廃絶,社会的所有に基づく社会主義体制の実現に向けて行われる社会主義革命をさしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

プロレタリア‐かくめい【プロレタリア革命】

搾取階級としてのプロレタリアによって行われる、資本主義体制の打倒と社会主義制度の樹立を目的とした革命

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プロレタリア革命【プロレタリアかくめい】

プロレタリアートブルジョアジーを打倒して自ら権力を握ることをめざす革命。マルクスによれば,資本主義はブルジョアジープロレタリアートの根本的対立をはらんでおり,この二つの階級の間で進展する階級闘争の頂点においてプロレタリア革命が起こるとする。
→関連項目革命国家新民主主義反革命暴力革命マルクス=レーニン主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

プロレタリアかくめい【プロレタリア革命 proletarian revolution】

マルクス主義の用語。労働者階級が農民をはじめとする勤労人民を指導してブルジョア政治権力を打倒し,プロレタリアートの独裁によって,資本主義制度を一掃し,社会主義社会の建設をめざす革命である。革命の歴史的類型としてはブルジョア(民主主義)革命と対照せられる。またこれを社会主義革命と呼ぶことがあるが,プロレタリア革命という場合には革命の指導勢力に力点がおかれるのに対し(ただしプロレタリアートの指導する革命のすべてがプロレタリア革命になるわけではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

プロレタリアかくめい【プロレタリア革命】

労働者階級が、資本主義体制を打倒し政治権力を掌握して、社会主義の建設を目指す革命。ブルジョア革命に対していう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロレタリア革命
ぷろれたりあかくめい
proletarian revolution

このことばは、19世紀から1920年代まで、ブルジョア革命と対比する形で、社会主義革命を意味する用語として使われた。社会主義革命は、労働者階級を意味するプロレタリアートによる革命であると理解されたので、1917年十月革命後のロシアでも、その後の国際共産主義運動でも、プロレタリア革命ということばが盛んに使われた。しかしロシアの十月革命には兵士も参加しており、その大半は農民であったから、この革命はプロレタリアートだけによる革命ではなく、労働者と農民による革命の性格をもっていた。
 プロレタリア革命という用語は1930年代以後しだいに使われなくなり、第二次世界大戦後はほとんど使われていない。それは第一に、プロレタリアートが伝統的に工場労働者を意味することばとして用いられてきたものだが、現代の社会主義革命は第三次産業部門の労働者や管理部門の職員などを含む広い意味での労働者階級による革命と考えられるからであり、第二に、現代の革命は労働者階級が中心の役割を果たすとはいえ、中間層も参加する革命であるという認識が一般化したからである。[稲子恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロレタリア革命の関連キーワード党派性ブルジョアジー労働者階級階級国家マルキシストマルクスレーニン主義労農同盟修正マルクス主義マルクシアン三大差別

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone