コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プンタ・アレナス プンタアレナス

百科事典マイペディアの解説

プンタ・アレナス

南米,チリ南端,マゼラン海峡に臨む港湾都市。南米大陸最南(南緯53°10′)の都市で,南太平洋漁船,南極調査船,観光船の基地。フリーゾーン(免税地区)が設けられ,商業も盛んで,周辺の石油採掘の拠点でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プンタ・アレナス
ぷんたあれなす
Punta Arenas

南アメリカ、チリ最南部のマゼラン海峡に臨む港湾都市。チリ第12地域(マガリャネスMagallanes)の首都。人口12万0891(2002国勢調査速報値)。南緯53度10分に位置し、アルゼンチンのウスワイアに次ぐ世界最南の都市である。1849年に建設され、パナマ運河の開通までは大西洋と太平洋を結ぶ要路の港として栄えた。現在は自由港に指定され、後背地のパタゴニアで生産される羊毛や冷凍マトンおよび木材の輸出港である。また対岸のフエゴ島を中心とする周辺地域の石油採掘の拠点でもある。アルゼンチン側からは道路が通じるが、チリの他の都市からは船便、航空便しかなく不便である。[細野昭雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android