コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘイデンスタム ヘイデンスタム Heidenstam, (Carl Gustaf) Verner von

6件 の用語解説(ヘイデンスタムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘイデンスタム
ヘイデンスタム
Heidenstam, (Carl Gustaf) Verner von

[生]1859.7.6. オルシャマル
[没]1940.5.20. エーブラリド
スウェーデンの詩人,小説家。 1916年ノーベル文学賞受賞。病弱のため 17歳のとき南ヨーロッパ,近東の旅に出,この間画家を志してパリで J.ジェロームに学んだこともある。 1887年帰国,父の地所を継ぐかたわら詩作を始め,翌年,近東の旅の印象を綴った詩集『巡礼と放浪の歳月』 Vallfart och vandringsårでデビュー

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヘイデンスタム(Carl Gustav Verner von Heidenstam)

[1859~1940]スウェーデンの詩人・小説家。ロマン主義的、理想主義的作風で祖国への愛をうたった。1916年ノーベル文学賞受賞。詩集「巡礼と遍歴の歳月」、小説「カロリーネナ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヘイデンスタム

スウェーデンの詩人,作家。青年期にオリエント旅行ののち,南欧に居住,郷土で晩年を過ごす。処女詩集《巡礼と遍歴の歳月》(1888年)のほか詩集数編,カール12世を扱った歴史小説《カロリーネナ》(1897年―1898年)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヘイデンスタム【Verner von Heidenstam】

1859‐1940
スウェーデンの作家,詩人。南部の貴族領地に生まれたが,病弱のため青春時代を南ヨーロッパ,オリエントの諸国で過ごし,詩集《巡礼と遍歴の歳月》(1888),小説《エンデュミオン》(1889)で文壇に登場。異国的情緒豊かなその幻想美は,彼をロマン派運動の旗手たらしめた。小説の代表作として《ハンス・アリエーヌス》(1892)があり,抒情詩人としては《詩集》(1895)で一つの完成した境地に達した。その他,評論《スウェーデン人気質》(1897),カール12世を主題とした歴史小説《カロリーネナ》(1897‐98),さらに《新詩集》を出した1916年にはノーベル文学賞を受賞した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ヘイデンスタム【Carl Gustav Verner von Heidenstam】

1859~1940) スウェーデンの小説家・詩人。熱烈な愛国心をうたい、自然主義に反対した。詩集「ひとつの民族」、小説「カロリーネナ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘイデンスタム
へいでんすたむ
Cale Gustaf Verner von Heidenstam
(1859―1940)

スウェーデンの作家。南部の貴族領に生まれる。病弱のため青春時代を南欧、オリエントの諸国で過ごし1887年帰国。異国的情緒と幻想美の詩集『巡礼と遍歴の歳月』(1888)、小説『エンデュミオン』(1889)でロマン派の旗手として登場。美の探求の巡礼『ハンス・アリエーヌス』(1892)が小説の代表作。叙情詩人としては、『詩集』(1895)で完成した境地を示し、当時急速に工業化が進んだこの国で滅びゆく荘園(しょうえん)文化への哀惜の念を基調とする。評論『スウェーデン人気質(かたぎ)』(1897)、カール12世をテーマとした歴史小説『カロリーネナ』(1897~98)では自国民のもつ剛毅(ごうき)な性格を強調した。『新詩集』(1916)出版後、同年ノーベル文学賞受賞。ナショナリストの評があるが、それは彼の貴族趣味の反映というべきもので、国粋主義者の意ではない。[田中三千夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘイデンスタムの関連キーワードスウェーデンスウェーデンリレースウェーデン刺繍・スウェーデン刺繡スウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーデン放送交響楽団スウェーデン館の謎スウェーディッシュ・エルクハウンドスウェーデン労働総同盟スウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone