コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルパンギーナ  へるぱんぎーな herpangina

6件 の用語解説(ヘルパンギーナ の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ヘルパンギーナ

主に乳幼児に発症する、発熱と口腔粘膜に現れる水疱性発疹を特徴とする病気。エンテロウイルス呼ばれるウイルス群による感染症で、主に「コクサッキーウイルス」が原因となって発症する。いわゆる夏風邪の一種で6月~9月ごろにかけて流行する。1歳くらいからかかりやすくなり、多くは3~5歳以下に見られる。感染から発症までは3~5日、突然38~40度の高熱が出て、炎症を起こし赤くなった喉の奥・口蓋垂の根元付近に小さな水疱が数個~十数個できる。予防・治療薬はなく、対症療法として解熱剤を用いることもあるが、特に治療をしなくても1週間ほどで自然に治癒する。

(2013-8-1)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヘルパンギーナ(herpangina)

ウイルスによって起こる咽頭(いんとう)炎の一種。高熱と咽頭粘膜の発疹(ほっしん)が特徴。乳幼児に多いが、特別な治療をしなくても1週間ほどで治癒する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヘルパンギーナ

39℃前後の発熱があり,咽頭(いんとう),口内粘膜,舌などに小さい水疱ができ,潰瘍(かいよう)となって痛む病気。夏,幼児に多く,4〜5日でなおる。病因はウイルス(コクサッキーA)で,治療は発熱に対する対症療法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

へるぱんぎーな【ヘルパンギーナ Herpangina】

[どんな病気か]
 コクサッキーウイルスA群の感染でおこる夏かぜの1つです。
●かかりやすい年齢
 かかるのは、90%以上が5歳以下の乳幼児です。
●流行する季節
 晩春から夏にかけて多発します。
[症状]
 3~5日の潜伏期を経て発病します。急に39℃前後の熱が出て、ふきげんになって食欲がなくなり、嘔吐(おうと)したりします。年長児の場合は、のどの痛みのほか、腹痛や頭痛を訴えることがあります。
 のどの前口蓋弓(ぜんこうがいきゅう)から軟口蓋(なんこうがい)にかけての粘膜(ねんまく)に、直径2mm前後の小水疱(しょうすいほう)(水ぶくれ)が数個から十数個みえます。また、これがつぶれて小潰瘍(しょうかいよう)になったものが混在していることもあります。
 熱は2~3日で下がり、のどの潰瘍も少しおくれて回復し、およそ1週間ですっかり治るのがふつうです。
[治療]
 有効な薬はないので、解熱薬(げねつやく)を用います。
 やわらかく、味の薄い、冷たい食事にします。乳幼児は、食欲不振と高熱のために脱水症(だっすいしょう)におちいり、輸液(点滴)が必要になることもあります。
[予防]
 病人の咽頭分泌物(いんとうぶんぴつぶつ)や糞便(ふんべん)中のウイルスが飛沫感染(ひまつかんせん)、あるいは経口感染(けいこうかんせん)します。予防接種がないので、手洗いやうがいなどの一般的な予防法を守るほかはありません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

大辞林 第三版の解説

ヘルパンギーナ【herpangina】

口腔内後端の咽頭に開く部分にできる急性で炎症性の小さな潰瘍かいよう。コクサッキー A 群ウイルスの感染によりおこる。高熱が数日続いて下がって後、数日で口腔内の症状もなくなる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルパンギーナ
へるぱんぎーな
herpangina

おもにコクサッキーA群のウイルスの感染によっておこる乳幼児の夏かぜの一種で、咽頭(いんとう)粘膜に小水疱(すいほう)を生じ、のどが狭まるところから水疱性口峡炎ともよばれる。5歳までの乳幼児が90%を占め、晩春から夏にかけて多発する。ウイルスは咽頭分泌物や糞便(ふんべん)中に存在し、飛沫(ひまつ)感染あるいは経口感染する。
 潜伏期は3~5日で、急に39℃前後の熱が出て2~3日続く。不機嫌になり、食欲がなく、嘔吐(おうと)したりする。すこし年長児の場合には、咽頭痛や嚥下(えんげ)痛のほか、腹痛や頭痛を訴える。他覚的には、咽頭粘膜が発赤して腫(は)れ、咽頭炎を呈するが、特徴的には前口蓋弓(こうがいきゅう)から軟口蓋にかけての粘膜に、直径2ミリメートル前後の灰白色の小水疱が数個から十数個みられる。この小水疱が破れて小潰瘍(かいよう)になったものが混在していることもある。
 一般に軽症で予後はよく、1週間以内に症状はなくなる。病原ウイルスに効く薬はなく、解熱剤など対症療法を行う。乳幼児では高熱による拒食のため脱水症をおこし、輸液を必要とすることもある。したがって、食事は軟らかで味の薄い冷たいものを与える。ワクチンなど的確な予防対策はまだないので、患者との接触を避けるようにする。[柳下徳雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘルパンギーナ の関連キーワードコクサッキーウイルスエンテロウイルスガーナチョコクッキーサントリーウイスキー角瓶サントリーウイスキー角瓶<黒43°>サントリーウイスキーローヤル生チョコクッキーコックスサッキーウイルスウイルス性髄膜炎かぜ症候群をおこすウイルストリコモナス皮膚粘膜眼症候群口腔歯肉神経芽腫乳幼児高インスリン血性低血糖症ジアゾキシド乳幼児死亡率乳幼児身体発育調査

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone