ベガ(読み)べが(英語表記)Lope Félix de Vega Carpio

  • 1562―1635
  • Lope Flix de Vega Carpio

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スペインの劇作家。マドリードで生まれ、そこで死去した。[菅 愛子]

生涯

スペイン黄金時代の演劇界でカルデロン・デ・ラ・バルカと双璧(そうへき)をなす彼は、セルバンテスが与えた呼称「自然の怪物」にふさわしく波瀾(はらん)に富んだ生涯を送り、劇作品だけで1500編を超えるとされるほどおびただしい数の作品を著した。著作と恋愛に情熱的で放縦(ほうしょう)に生きた彼は、12歳で初の芝居を書き、20歳で人妻との恋愛事件を起こしてマドリード追放の刑を受ける。数年後には別の女性と強引に結婚。ほどなく「無敵艦隊」に乗り組み艦中でも作品を書く。その後、アルバ公ほかの貴族に仕え、妻子に死別後さらにいくつかの恋愛を経て再婚、ふたたび死別、52歳で司祭に叙品(じょほん)されるが色恋沙汰(いろこいざた)はやまず、2年後に若い人妻女優と大恋愛。やがて彼女は盲目となり精神に異常をきたして死亡。3年後に彼が73歳で死去したとき、大作家としての評判は高く、人々はこぞって哀悼の意を表した。[菅 愛子]

作品

彼は叙情性の豊かさで優れた作品が多く、小説では『アルカディア』(1598)や『ベツレヘムの牧人達(たち)』(1612)など牧歌的なもの、散文で対話形式を用いた『ラ・ドロテア』(1632)、さらに『ラ・ドラゴンテア』(1598)や無敵艦隊船上で書いた『麗しのアンヘリカ』(1602)などの叙事的な詩があり、独自の作劇法(ドラマツルギー)を示した『劇作新技法』(1609)は、アリストテレスの規範に基づく従来の演劇形式を否定してスペイン国民演劇の基盤となった。多数の叙情詩もあるが、彼の本領は劇作品に発揮され、400編といわれる聖餐神秘劇(アウト・サクラメンタル)や聖史劇に加え、1日以内に即興的に書き上げたものが100編はあると自認するコメディアは韻文が用いられ、そのなかには、『まぬけお嬢様』(1613)で知られ「合羽(かっぱ)と太刀(たち)の劇」と称される風俗劇や、内外の史実や伝説に材を得たいくつかの名作がある。すなわち、『ペリバニェスとオカニャの地頭(じとう)』(1605~08)、王を正義の象徴とする『上なき判官これ天子』(1620~23)、同じく『フェンテ・オベフーナ』(1619)は村民の連帯が描かれた代表作だが、愛と死の戯れを叙情あふれる作品に著した『オルメドの騎士』(1615~26)も彼の資質がうかがえる秀作である。彼は興味ある楽しい筋立てのなかに体面(オノール)意識を取り入れ、女性を登場させて劇の進展に重要な役割をもたせたり、現実の鋭い観察者としての道化(グラシオーソ)の劇中での存在を確固たるものとするなど、スペイン演劇の伝統となる試みを実践した。[菅 愛子]
『永田寛定訳『上なき判官これ天子』(『古典劇大系4』所収・1922・近代社) ▽永田寛定訳『フェンテ・オベフーナ』(1948・日本評論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベガの関連情報