コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルダン条約 ベルダンじょうやくVertrag von Verdun; Traité de Verdun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルダン条約
ベルダンじょうやく
Vertrag von Verdun; Traité de Verdun

843年ベルダンで行われたフランク王国3分割の取決め。ルートウィヒ1世 (敬虔王) の死後,ロタール1世,ルートウィヒ2世 (ドイツ王) ,カルル2世 (禿頭王) の3子は遺産を争い,長兄が皇帝権を相続すると,弟2人が同盟しフォントネーの戦い (841) で長兄を破り,領土の3分割を承認させた。ロタールは西ローマ皇帝位と中部フランクを,ルートウィヒは東フランクを,カルルは西フランクを領有した。東西フランクはそれぞれ後年のドイツおよびフランスの原型となった。なおメルセン条約 (870) で再分割が行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ベルダン条約【ベルダンじょうやく】

843年フランス北東部のベルダンVerdunで締結され,フランク王国の3分割を定めた条約。ルートウィヒ1世の即位後,その子ロタール1世,ルートウィヒ2世,カール2世の3人が相続権をめぐって争っていたが,この条約によりそれぞれ中部フランクとイタリア,東フランク王国西フランク王国の王となることを定めた。
→関連項目カロリング朝フランス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベルダンじょうやく【ベルダン条約】

843年にルートウィヒ1世の3子の間で締結されたフランク王国の三分割条約。相続問題に起因して830年に始まったカロリング家の内乱は,ルートウィヒ1世の死(840)後第3子ルートウィヒ2世および末子のカール2世に対する長子ロタール1世の宗主権主張によって緊張を高めたが,841年のフォントノア・アン・ピュイゼにおけるロタール1世の敗北,翌年両弟が結んだシュトラスブルクの盟約により,843年8月ベルダンVerdunで,国土の平等分割を旨とする和平が成立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ベルダンじょうやく【ベルダン条約】

843年、フランク王国を東フランク・西フランク・ロタール(中部フランクとイタリア半島)の三王国に分割した条約。 → メルセン条約

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルダン条約
べるだんじょうやく

843年ルートウィヒ1世の3人の子にフランク王国を分割した条約。ルートウィヒ1世は、晩年(838)にロタール1世、ルートウィヒ2世、カール2世(西フランク王としてはシャルル1世)の3子に王国を分割して与えたが、ルートウィヒ1世の死(840)後、これを不満とする兄ロタールに、ルートウィヒ2世とカールとが結んでロタールを破り、ストラスブール(シュトラスブルク)の誓約によって同盟を固めた。国内の豪族たちも内乱の終結を望んで仲介にたったので、ロタールはやむなく平和交渉を開き、ベルダンVerdunで王国の3分割を取り決めた。その結果、ロタールの中部帝国(ロートリンゲン、ブルグント、北イタリア)、ルートウィヒ2世の東フランク王国(ライン川以東)、カールの西フランク王国(ローヌ川、ソーヌ川、シェルト川以西)が成立した。[平城照介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のベルダン条約の言及

【カロリング朝】より

…ルートウィヒ1世の理想主義はさらに教会の乗ずるところとなり,第6回パリ公会議は,王権を教会に奉仕するものと位置づけた。 843年のベルダン条約は,ロタール1世(ロタリンギア),ルートウィヒ2世(東フランク),カール2世(西フランク)の取分の線引きを明瞭にし,中世末まで唯一拘束力のある国際条約となった。しかしロタリンギアからは早期にイタリアとプロバンス両王国が分立し,残った狭義のロタリンギアは,メルセン条約(870)によって,ルートウィヒ2世とカール2世の間に分断された。…

※「ベルダン条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ベルダン条約の関連キーワードルートウィヒ(2世)(東フランク国王)ルートウィヒ2世(ドイツ王)カルル2世(禿頭王)ルクセンブルク(国)ルートウィヒ[2世]ルートウィヒ[1世]フランス史(年表)フランシュコンテロタール(1世)スイス史(年表)ロタール[1世]カール(2世)カール[2世]カール(3世)ロタリンギアフランク民族リブモン条約ルイ(1世)ロタール2世オランダ史

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android