コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンジジン benzidine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベンジジン
benzidine

4,4′- ジアミノビフェニルのこと。化学式 H2NC6H4C6H4NH2 。無色の結晶。融点 128℃ (無水物) 。水に難溶。普通は塩酸塩として利用される。過酸化水素の検出,硫酸イオン SO42- の定量試薬として用いられる。染料中間体として重要なものであったが,発性が問題となってからは使われていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベンジジン【benzidine】

4,4′‐ジアミノビフェニルともいう。無色の鱗片状結晶。3型が存在し,最安定型は融点128℃,沸点400~401℃(740mmHg)。1845年にロシアのジーニンN.N.Zininがはじめて合成し,62年にドイツのフィティヒR.Fittigがジアミノビフェニル構造であることを証明し,74年に同じくドイツのシュルツG.Schultzが2個のアミノ基がともにパラ位にあることを示して構造が確定した。ニトロベンゼンを還元してヒドラゾベンゼンにしたのち,これに塩酸または硫酸を作用させてベンジジン転位を起こすことによって作られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベンジジン
べんじじん
benzidine

芳香族アミンの一つ。4,4'-ジアミノビフェニルともいう。無色またはやや赤色の結晶。酸素と光で暗黒色に変化する。冷水には溶けにくく、熱水には溶ける。熱エタノール(エチルアルコール)にはよく溶ける。80℃以上の熱水から再結晶したものは無水和物、60℃以下からは一水和物を生じる。ニトロベンゼンの還元で得られるヒドラゾベンゼンを無機酸と加熱すると、転位反応(ベンジジン転位)がおこって生成する。染料の原料として使われたが、現在は使用を禁止されている。また種々の金属イオンの検出試薬、リン酸イオン、硫酸イオンの沈殿試薬としても用いられる。発癌(はつがん)性が強く、粉末でも蒸気でも皮膚から吸収されるので、取扱いには十分注意する必要がある。[務台 潔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベンジジンの関連キーワードダイレクトディープブラックベンジジン(データノート)転位(有機化学反応)ベンジジン酢酸銅試験ジフェニルヒドラジンシアン化水素酸コンゴーレッドシアン化水素転位(化学)印刷インキアゾ顔料直接染料アゾ染料膀胱腫瘍膀胱癌職業癌ヘミン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android