ペナント(英語表記)pennant

翻訳|pennant

デジタル大辞泉の解説

ペナント(pennant)

細長い三角形の小旗。特に、大学や団体などの標章をつけたもの。
優勝旗。多く、野球でいう。また転じて、優勝。「ペナントを争う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ペナント【pennant】

小型で細長い三角形の旗。先端が燕尾(えんび)状に割れているもの,細長い短冊(たんざく)状のものもペナントという。ペンダントpendant(ペナントと同義に使う場合もある)とペノンpennonの混合した語と思われる。ペンダントは船の帆桁やマストに掲げる旗で,商船の旗旒(きりゆう)信号では国際信号書に旗の大きさ,信号符字の構成,信号法などが定めてある。ペノンは行進中の騎士が槍による事故防止と武勇誇示のために,各自が槍につけた三角形の小旗である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ペナント【pennant】

団体などを示す細長い三角旗。 「選手が-を交換する」
優勝旗。転じて、優勝。 「 -を手にする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ペナント

〘名〙 (pennant) 細長い三角形の小旗。
(イ) 大学の校章などをつけたものなど。
※吊籠と月光と(1930)〈牧野信一〉「これも壁に “WASEDA” のペナントの下に」
(ロ) 優勝旗。特に野球のものをいう。転じて、優勝、覇権の意。
※米国見物(1910)〈正岡芸陽〉奇抜な歓迎会「野球は本年又もやアメリカン、リーグの覇者となりペナント(長旒)を得た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペナントの関連情報