コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペラ ペラPella

3件 の用語解説(ペラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペラ
ペラ
Pella

古代マケドニアの首都。サロニカ (セサロニキ ) の北西約 39kmに位置していた。前5世紀末にアルケラオスがここに首都をおいてから栄えはじめ,フィリッポス2世のもとに急速な発展をとげた。アレクサンドロス3世 (大王) もここで生れている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペラ【Pella】

北部ギリシアの中心テッサロニキ市の西方約38kmに位置する町。マケドニア王国の首都の遺跡がある。この王国のアルケラオス王(在位,前413‐前399)が,それまでの首都アイガイから遷都したといわれ,ギリシア文化受容の中心となった。アレクサンドロス大王の生地でもある。第2次世界大戦後の遺跡発掘により,公共建築物,下水道をともなう道路などが明らかとなり,現在も発掘続行中である。特に建造物床面の小石モザイクの精巧さが有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペラ
ぺら
Pella

マケドニア王国の首都。エーゲ海北西端のテッサロニキ北西約40キロメートル、ローディアス川の河畔にある。紀元前5世紀アルケラオスがここに都を置いて以後、前168年ローマ帝国に征服されるまで栄えた。マケドニアは前4世紀フィリッポス2世のもとで軍事的統一国家を形成する。このあと、この地で生まれたアレクサンドロス3世(大王)の治世に至るに及んで、ここは当時、世界でもっとも活力に満ちた都市となった。[鈴木忠司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のペラの言及

【モザイク】より

…モザイクの技法による具象的な絵画が描かれるようになるのは,ヘレニズム時代と考えられる。マケドニア北方のペラ出土の舗床モザイク(前4世紀末)では,白・黒・茶色など数色の小石により,狩猟場面や神話主題などが表されている。イタリアのポンペイからは多くのモザイク画が発見されているが,なかでも有名な《イッソスの戦》のモザイク壁画(前2世紀後半)は,ヘレニズム時代のフレスコのコピーといわれ,細緻でイリュージョニスティックな表現が見られる。…

※「ペラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペラの関連情報