コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホオジロガモ Bucephala clangula; common goldeneye

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホオジロガモ
Bucephala clangula; common goldeneye

カモ目カモ科。全長 47cm。雄は頭部が黒緑色で,の基部と眼の間の頬に大きな丸い白斑があり,背以下の背面は黒く,下面は純白である。雌は頬の白斑がなく,頭部と背が褐色で,胸から腹が灰褐色ユーラシア大陸から北アメリカまで北半球の北部一帯で繁殖する。日本には冬鳥(→渡り鳥)として渡来し,各地の湾,湖沼,大きな川などにすみ,潜水して魚類や貝類などをとって食べる。(→ガンカモ類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホオジロガモ
ほおじろがも / 頬白鴨
golden-eye
[学]Bucephala clangula

鳥綱カモ目カモ科の鳥。北ヨーロッパからシベリア、カムチャツカ半島の亜種と、北アメリカ北部の亜種とがあり、それぞれ温帯部に越冬する。潜水性のウミガモ類ではもっともアイサに近いが、イガイなどの着岩貝類、甲殻類、軟体動物、魚その他の動物質を食べる。全長は雄47センチメートル、雌40センチメートル。雄は頭部の羽毛が豊かで、緑光のある黒色。虹彩(こうさい)は黄色で目だち、嘴(くちばし)に沿って大きな白い三角斑(はん)がある。頸(くび)以下の下面は白色、背は黒色に白色の長斑が並ぶ。雌は頭が暗褐色、体も灰褐色である。足は黄色。江湾の沿岸、塩水湖や淡水湖にも渡来する。繁殖地では水流のある林の樹洞に営巣する。飛び立つとき鈴のような音を発するので、スズガモという地方名もある。北アメリカには、近縁の別種キタホオジロガモも産する。[黒田長久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホオジロガモの関連キーワード黒田長久スズガモ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android