コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホジキン病 ホジキンびょうHodgkin's disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホジキン病
ホジキンびょう
Hodgkin's disease

腫瘍,悪性リンパ腫の一種。臨床的には,弛張熱好酸球増加,全身リンパ節腫大などがみられる。特に頸部,縦隔,腹腔,鼠径部の無痛性のリンパ節に初発することが多い。その他の症状としては,炎症と免疫不全がみられる。また,皮膚病変を伴わない皮膚のかゆみ,アルコール飲酒後のリンパ節の痛み,食欲不振などの症状もある。脾臓,肝臓,骨髄も侵される。脾臓では小結節状の病巣が多数みられることが多く,これは斑岩脾と呼ばれている。組織学的には,単核および多核の腫瘍細胞,形質細胞,好酸球,線維芽細胞リンパ球などで構成された特異な肉芽様の腫瘍組織で,しばしば壊死巣が認められる。原因は不明であるが,ウイルスという説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ホジキン病【ホジキンびょう】

リンパ肉芽腫(しゅ)症とも。1832年英国の医師T.ホジキンが系統的リンパ節腫を伴う疾患を報告,後に独立疾患と認められた。現在は,悪性リンパ腫の一つの型とされている。
→関連項目悪性リンパ腫アクチノマイシン塩酸イリノテカン脾腫リンパ節腫瘍

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホジキンびょう【ホジキン病 Hodgkin’s disease】

悪性リンパ腫の一型。1832年,イギリスの医師ホジキンThomas Hodgkin(1798‐1866)が最初に記載したためこの名があるが,それは今日ホジキン病として認められているものとは多少内容を異にする。現在では,病理組織学的にリード=スターンバーグ細胞という分葉核を有する巨大細胞の増殖を特徴とするものをいう。病因としてウイルス感染や免疫異常が考えられているが,確定していない。日本での頻度は欧米に比べて低く,全悪性リンパ腫の15%前後にあたる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ホジキンびょう【ホジキン病】

〔イギリスの医師ホジキン(Thomas Hodgkin1799~1866)の名による〕
悪性リンパ腫の一。多くは頸部のリンパ節の腫れではじまり、周期的な発熱・脾腫などが見られる。リンパ節をはじめ造血臓器が系統的に侵される。放射線・化学療法で治癒可能。悪性リンパ肉芽腫症。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホジキン病
ほじきんびょう

1832年イギリスの内科医ホジキンThomas Hodgkin(1798―1866)が最初に報告した悪性リンパ腫(しゅ)の一病型で、腫脹(しゅちょう)したリンパ節の中に、リード‐シュテルンベルグ巨細胞が出現するのが特徴である。さらに線維(肉芽組織)が出現し、ホジキン細胞、リンパ球、炎症性細胞、好酸球が加わって複雑な細胞構成を示す。わが国には少なくて欧米に多く、幼小児には少ない。原因は不明で、ウイルスが注目されている。腫瘍(しゅよう)と炎症が加わったような所見で、臨床的にも、発熱(ペル‐エプスタインの熱型)とともに赤沈が促進し、白血球の増加がおこるが、リンパ球は早くから減少して免疫力が低下し、感染症にかかりやすく、また自己抗体がつくられやすい。期から期に分けられ、組織所見からも分類される。治療としては放射線療法および化学療法のほか、免疫療法も行われる。[伊藤健次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホジキン病の関連キーワードネフローゼ症候群の原因となる病気シクロホスファミドブリル=シマーズ病マイトマイシンCがんの放射線療法マイトマイシン免疫不全症候群ポール アレンポール・アレン老人性乾皮症レナート分類ナイトロミンアネルギー青木 貞章リアル分類青木貞章巨細胞紅皮症痒疹

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android