コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーキング ホーキング Hawking, Stephen William

5件 の用語解説(ホーキングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーキング
ホーキング
Hawking, Stephen William

[生]1942.1.18. オックスフォード
イギリス理論物理学者。オックスフォード大学卒業 (1962) ののち,ケンブリッジ大学トリニティー校で学位取得 (66) 。 1977年には同大学教授となり,さらに 79年には伝統あるルーカス教授職に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ホーキング(Stephen William Hawking )

[1942~ ]英国の物理学者。20代で筋萎縮性側索硬化症にかかるも研究を続け、ビッグバンが宇宙の特異点であることの証明、ホーキング放射によるブラックホール蒸発の発見など、天体物理学の分野で活躍。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホーキング

英国の物理学者。オックスフォード大学,ケンブリッジ大学で学び,1974年王立協会ローヤル・ソサエティ)会員,現在ケンブリッジ大学ルーカス記念講座教授。神経を侵す難病(筋萎縮性側索硬化症)のため話すことも歩くこともできない車いすの科学者。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ホーキング【Stephen William Hawking】

1942~ ) イギリスの理論物理学者。ブラック-ホールの量子論を研究した。その後、筋萎縮性側索硬化症による重度の身体障害と闘いつつ重力の量子化や宇宙の起源の問題を追究。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホーキング
ほーきんぐ
Stephen W. Hawking
(1942― )

イギリスの物理学者。オックスフォードに生まれる。1962年オックスフォード大学数学部、物理学部を首席で卒業し、一般相対性理論を学ぶためケンブリッジ大学大学院応用数学と理論物理学の研究生となる。この時代に難病の筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)にかかるが研究を続け、宇宙の始まりのビッグ・バンは、大きさがゼロで密度が無限大という「特異点」となってしまうことを証明、またブラック・ホールの研究では、そこに入ったものは何も抜け出せないとされていたが、熱が放射されていて、そのためブラック・ホールの蒸発もあることを発見した。1974年イギリス・ロイヤル・ソサイエティーの最年少会員、1979年ケンブリッジ大学のルーカス記念講座数学教授になった。1985年に肺炎を患い気管切開手術をしてからは話すことができなくなったが、ポータブルコンピュータと音声合成装置を使って講演や執筆活動を行っている。著書に、世界的なベストセラーとなった一般読者向け宇宙論『ホーキング、宇宙を語る』A Brief History of Time(1988)のほか、『ホーキング、未来を語る』The Universe in a Nutshell(2001)、イギリスの理論物理学者ロジャー・ペンローズRoger Penrose(1931― )と行った宇宙論連続講義の記録『ホーキングとペンローズが語る時空の本質』The Nature of Space and Time(1996)などがある。[編集部]
『ホーキング著、佐藤勝彦監訳『ホーキングの最新宇宙論――ブラックホールからベビーユニバースへ』(1990・日本放送出版協会) ▽ホーキング著、佐藤勝彦監訳『時間順序保護仮説』(1991・NTT出版) ▽ホーキング編、林一訳『「ホーキング、宇宙を語る」ガイドブック』(1992・早川書房) ▽ホーキング著、佐藤勝彦監訳『宇宙における生命』(1993・NTT出版) ▽ホーキング・佐藤勝彦・高柳雄一著『創造の種』(1995・NTT出版) ▽ホーキング、ペンローズ著、林一訳『ホーキングとペンローズが語る時空の本質――ブラックホールから量子宇宙論へ』(1997・早川書房) ▽佐藤勝彦訳『ホーキング、未来を語る』(2001・アーティストハウス) ▽林一訳『ホーキング、宇宙を語る――ビッグバンからブラックホールまで』(ハヤカワ文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホーキングの関連キーワード牛津オックスフォード学派オックスフォードシューズオックスブリッジオックスファムオックスフォード街オックスフォードグレーオックスフォードストリートオックスフォード運河の殺人オックスフォード条項

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホーキングの関連情報