コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーアの原子理論 ボーアのげんしりろん Bohr's theory of atom

2件 の用語解説(ボーアの原子理論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーアの原子理論
ボーアのげんしりろん
Bohr's theory of atom

1913年に原子構造原子スペクトルについて N.ボーアが提唱した理論。 11年 E.ラザフォードは,原子が原子核と電子から構成され,正電荷をもつ1つの原子核が中心にあり,負電荷をもついくつかの電子がそのまわりを回っていることを確認した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

ボーアの原子理論【Bohr's theory of atomic structure】

ラザフォードの原子模型では中心にプラスの電荷をもつ原子核があり,負電荷をもつ電子がその周囲を周回しているというモデルであったが,古典電磁気学ではこの模型は不安定で,連続的な光を放出し,最終的には核と電子が合体することになってしまう.ボーアはこの難点を回避するため,軌道運動古典力学に従うが,角運動量が量子化されて hν の整数倍となった軌道のみが安定に存在するというモデルを提出した.これによって線スペクトルの系列は説明可能となったが,電子の運動を古典力学で扱うことに無理があり,やがて量子力学により改訂された.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボーアの原子理論の関連キーワード長岡の原子模型原子模型ラザフォードBヘーズラザフォード原子模型ラザフォード散乱公式ボーアの原子模型ラザフォード,D.ラザフォード,W.ラザフォードの散乱公式ラザフォード模型

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone