ボース‐アインシュタイン統計(英語表記)Bose-Einstein's statistics

法則の辞典の解説

ボース‐アインシュタイン統計【Bose-Einstein's statistics】

相互作用の非常に弱い N 個の同種粒子からなる系を考えたとき,系の全粒子数∑njN,全エネルギー一定条件(∑njεjE)という条件と,粒子の座標の置き換えによって波動関数の符号が逆転しない条件を適応すると,平衡分布は下のようになる(符号が反転するならばフェルミ‐ディラック統計*となる).

ここで ⊿j はエネルギー準位 εj にある状態の数,μ は化学ポテンシャルに相当する.これがボース‐アインシュタイン統計と呼ばれる.1924年にボース(S. N. Bose)とアインシュタイン(A. Einstein)がそれぞれ独立に導いたのでこの名がある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボース‐アインシュタイン統計
ぼーすあいんしゅたいんとうけい
Bose‐Einstein statistics

 多数の粒子の運動を統計的に扱って、その系の性質を表現する方法の一つ。1924年にインドのボースが、プランクの放射公式を量子統計の方法で導出したときに用い、アインシュタインが物質粒子にも適用した。単にボース統計ともいう。
 量子力学では同種粒子の区別はできないので、N粒子からなる系を表す一つの量子状態は、各1粒子状態に粒子が何個ずつ入っているかによって指定される。この数を占有数という。この占有数に制限がない場合をボース統計という(一方、2個以上の粒子が同じ状態にならないという制限がある場合をフェルミ‐ディラック統計という)。
 粒子を小球とし、1粒子状態を器で表すとする。2個の球を3個の器に分ける場合、球が識別できるときには各球が三つの器のどれに入るかで3×3=9通りが可能だが(の(1))、識別できないとの(2)のように、2球とも同じ器に入る場合が3通り、別の器に入る場合が3通り、計6通りしかない。ボース統計ではこの6通りを考える(一方、フェルミ統計では後者の3通りのみが許される)。
 このようなボース統計に従う粒子をボース粒子またはボソンという。0を含む整数スピンをもつ素粒子や、光子、ヘリウム4などがボース粒子である。また格子振動やスピンの運動を量子化して得られるフォノン、スピン波(マグノン)などもボース統計に従う。
 ボース統計に従う粒子系が絶対温度Tの熱浴(物体と接触して熱のやりとりをする外界)と粒子浴(物体と接触して粒子のやりとりをする外界)に接しているとして統計力学的に扱うと、エネルギーεをもつ粒子数の平均値は
  f(ε)=1/[e(ε-μ)/kT-1]
で与えられることが示される。これをボース分布関数といい、kはボルツマン定数、μは化学ポテンシャルである。光子やフォノンなど粒子数が固定されない場合、粒子浴を考える必要はなく、μは0となる。また、ボース粒子の理想気体で温度を下げると、系の次元や密度によっては有限の温度T0以下の温度で最低エネルギー(ε=0)の状態に、莫大(ばくだい)な数の粒子が「落ち込む」ようになる。これをボース‐アインシュタイン凝縮という。[小出昭一郎・小形正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android