ボースアインシュタイン統計(読み)ボースアインシュタイントウケイ

デジタル大辞泉の解説

ボースアインシュタイン‐とうけい【ボースアインシュタイン統計】

スピンがゼロか整数の値をもつボース粒子の集まりが示す統計的性質。1924年、ボースアインシュタインがそれぞれ独立して導出。粒子同士に相互作用はなく、一つの粒子状態をいくつもの粒子が占有できる。この統計に従う粒子系が、ある絶対温度を下回ると、すべての粒子が一つの最低エネルギーをとるボースアインシュタイン凝縮という状態になる。ボース統計。→フェルミディラック統計

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android