ボーバン(英語表記)Vauban, Sébastien Le Prestre de

  • 1633―1707
  • Sébastien Le Prestre de Vauban

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1633.5.15. サンレジェボーバン
[没]1707.3.30. パリ
フランスの武将,戦術家,築城家。53回にわたり攻城戦を指揮し,国境に 30の要塞を構築。当時「ボーバンに囲まれた町は必ず陥落,ボーバンが城壁を築けば難攻不落」という諺があったという。軍人として最高の地位まで昇進したが,課税の平等を主張した論文『国王十分の一税案』Projet d'une dixième royale(1707)が国王ルイ14世の不興を買った。主著要塞攻守論』De l'attaque et de la défense des places(1705~06)。2008年,ボーバンがフランスの西部,北部,東部国境に築いた 13の要塞群が世界遺産の文化遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フランスの築城家,戦術家,経済学者。コンデ軍としてフロンドの乱に参加。鎮定後敵側のマザランに認められルイ14世に仕える。ルイ14世の盛期にフランス北東部国境やトゥーロン港に要塞(ようさい)を築き,その新形式の築城は広くヨーロッパ諸国の範とされた。水道,運河などの設計も行い,近代建設工学開拓者の一人であり,経済学でも重農主義の先駆として重視される。1703年元帥の称号を得て引退。
→関連項目ブレスト(フランス)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1633‐1707
フランスの軍人,経済学者。フランス中部の寒村で下級貴族の家に生まれたが,父は窮迫して所領を売却しなければならなかったので,ごく貧しい少年時代を送り,軍人になって家門を再興することを志した。おりからフロンドの乱が生じたので,1651年,18歳のボーバンは,コンデ親王の軍に入って国王の軍と戦ったが,コンデ軍が敗れたため捕らえられた。53年にフロンドの乱が鎮定されたとき,宰相マザランは,青年ボーバンの才能を認めて国王の軍に入ることを勧め,これ以後,ボーバンは,ルイ14世のもとで技術将校として軍務に精励することになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランスの軍人、築城家。中部フランスの小貴族出身。10歳で孤児となったが、1651年コンデ軍の将校になる。53年最初の戦闘に参加して新城塞(じょうさい)構築の必要を感じ、以後、オランダ戦争に至るまでフランドル国境に多くの城塞を築いた。一方、73年のマーストリヒト攻囲戦では新城塞攻略法を試みる。67年築城司令官。築城のほか、軍港、運河、兵器改造にも参画し、1703年元帥となる。高潔な性格でルイ14世の政策にも批判的で、1689年にナントの王令(勅令)廃止の危険性を警告した。また、国内各地を巡見し、民衆の深刻な生活苦を知り、98年、収入に応じた均等課税を求める『国王十分の一税』を著し、1707年に刊行したが、禁止され、失脚した。

[千葉治男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のボーバンの言及

【リール】より

…フランス北部,ベルギー国境に接するノール県の県都。ノール・パ・ド・カレー地域の行政的中心。司教座所在地。人口17万8000(1990)。1887年創設の大学や証券取引所などがあり,国際見本市が開かれ,交通の便に恵まれた地域の経済・文化の中心地。古くはフランドル伯,ブルゴーニュ公,ついでハプスブルク家の支配下にあったが,1667年にルイ14世により征服され,翌年,王領地に編入された。このときS.Le P.ボーバンによって築造された城砦は現存する。…

※「ボーバン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android