コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーフム ボーフム Bochum

5件 の用語解説(ボーフムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーフム
ボーフム
Bochum

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州の都市。ルール工業地帯エッセンドルトムントとのほぼ中間に位置する。 1321年都市権獲得。初めは農業地帯の中心地。 19世紀中頃からルール炭田開発に伴って発展し,炭鉱中心都市となったが,1973年に最後の炭鉱が閉鎖され,自動車,金属,化学,電気機器などの工業への転換が行われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ボーフム(Bochum)

ドイツ西部、ノルトライン‐ウェストファーレン州、ルール工業地帯を代表する工業都市産業革命期に炭鉱の町として発展したが、1970年代に大部分の炭鉱が閉鎖。その後、自動車工業や金融業の誘致、大学の新設による再興が図られた。かつての炭鉱内部を体験できる鉱山博物館がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボーフム

ドイツ西部,ノルトライン・ウェストファーレン州の都市。ルール工業地帯に属し,鉄鋼,機械,化学,自動車,電機などの工業が行われる。14世紀に市となり,ハンザ同盟の一員であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ボーフム【Bochum】

ドイツ西部,ノルトライン・ウェストファーレン州ルール地域中部の都市。人口40万1000(1995)。ルール,エムシャーEmscher両川に挟まれた丘陵地にある。15世紀に都市法を獲得し,16世紀に石炭採掘が始まり,18世紀にはマルク鉱山行政のかなめとなったが,19世紀に至るまで農業都市的性格が強かった。深部採炭への移行開始(1832),泥灰岩貫通炭坑開発(1841),型鋼鋳造場設立(1842)等を契機にして急激な発展を開始し,石炭,鉄鋼,アンモニアベンゾール生産の一大中心地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボーフム
ぼーふむ
Bochum

ドイツ西部、ノルトライン・ウェストファーレン州、ルール地方の炭鉱・工業・大学都市。人口39万1100(2000)。ルール地方中部、エッセンとドルトムントの中間に位置する。ルール地方でもっとも多くの炭鉱をもち、1843年創設のボーフム製鋼連合が立地するとともに、金属、機械、化学などの工業が盛んである。第二次世界大戦により中世以来の旧市街は被害を受け、教会と街路だけが残り、中心商店街は戦後、その外に発達した。ルール炭鉱労働者組合や企業家の連合などがあり、ルール地方の石炭業従事者組織の中心の一つでもある。戦後、経済構造の多角化が図られ、炭鉱跡地にオペル自動車工場を誘致、ルール大学が新設(1965)されて復興した。鉱山学校、鉱山博物館がある。[齋藤光格]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボーフムの関連キーワードブリュールミュンスターウエストファリアノルトラインウェストファーレンプリンツィパルマルクトフロイデンベルクポッペルスドルフ城ミュンスター広場ノルトライン・ウェストファーレンライン・ウェストファーレン石炭シンジケート

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボーフムの関連情報