ポリス(読み)ぽりす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリス(都市国家)
ぽりす
Polisギリシア語

古代ギリシア古典期の代表的国家形態。一般に「都市国家」と訳される。ポリス(またはプトリスptolis)の語は、元来は小高い丘の頂に営まれた城砦(じょうさい)を意味していたが、ホメロスの英雄叙事詩では下町の都市的集落をさし、紀元前700年ごろのヘシオドス以降、田園に点在する村落に対する中心市を意味するとともに、中心市とその周辺に広がる田園村落地域とを一円的に包摂する共同体国家をも意味するようになった。古代ギリシア世界には、ギリシア人自身がエトノスethnosとよんだ種族国家ないしは部族国家が、主として発展段階の遅れた(あるいは発展過程のことなる)北および北西地方に存在し、そこでは中心市となる都市的集落がなく、独立性の高いいくつかの村落共同体が共通の祭祀(さいし)をもって政治的に一つにまとまっていた。農業生産に恵まれたテッサリアやマケドニアでは、このような部族国家を王が支配していた。しかし部族国家が連合体国家ないしは連邦国家としてギリシア史の表舞台に華々しく登場してくるのは前4、3世紀のことであって、このころ典型的な古代ギリシアの文化と政治の形成発展の場となっていたのは、ポリス共同体国家であった。
 ポリス共同体国家成立の指標とされるのは前8世紀なかばの貴族政の出現であるが、この貴族連合政権の成立は、たとえばアテネでは英雄テセウスの集住(シノイキスモスsynoikismos)の伝説として後代に伝えられていた。小規模なポリスでは、田園の農民も実際に中心市に移り住んだものと思われる。中心市には、市民の政治生活の場として、中央市庁舎とか市民総会である民会の場としての広場(アゴラagora)などの公共施設、また国家祭祀の場としての諸神殿が造営され、その市域はしばしば小高い丘のアクロポリスの麓(ふもと)に広がる下町の形態をとった。このギリシア古代都市がヨーロッパ中世都市と基本的に異なる点は、その市域が城壁によって囲まれた場合でも、それは防衛の目的であって、城壁外に広がる田園地帯の住民が都市の住民から法的、身分的に区別されていたわけではないという点である。都市住民の市民も田園在住の市民も、市民である限りは同一の市民共同体の成員であって、共通の市民権を享受していた。市民権の内容に身分・階級による格差が設けられている場合でも、それは両者に平等に当てはまった。中心市で開催される民会には、田園の市民も参加した。都市、田園を一体の法領域とする典型的ポリス共同体の国家形態は、前8~前6世紀の大植民活動によって地中海沿岸各地に広く移植され、ポリスの数は飛躍的に増大し、数百を数えるに至った。
 以上は理念型としてとらえた古代ギリシアのポリスであるが、具体的に個別のポリスを観察すると、先住の非ギリシア人を田園領域に定住させて一定の支配下に置くイオニア植民市の場合もあれば、弱小ポリスまたは部族国家を支配して複合体国家の体裁をとるポリスも存在した。シチリアのギリシア植民市には領域国家ともいえる超大国になったポリスさえあった。他方、ヘレニズム時代以前のスパルタは、アテネと並ぶ強大なポリスでありながら、その中心市に相当する集落は都市的景観を欠いていた。
 貴族政に始まったポリス国家は、経済の発展を軸にした社会的変化に対応しながら、ポリスごとにさまざまな政治形態を体験した。アテネでは、前6世紀なかばに成立した僭主(せんしゅ)政が同世紀末には民主政に席を譲り、その半世紀後には徹底民主政が実現するという躍動的発展がみられたが、保守伝統的にならざるをえなかったスパルタにおいても政治構造上の民主化が進んだ。
 前5世紀末以降はポリス社会は衰退の一路をたどったと説かれる。確かにペロポネソス戦争(前431~前404)の顛末(てんまつ)がもたらした国際政治の多極化、北辺のマケドニアの著しい台頭は、ギリシア諸国の国内政治情勢にも大きな影を落とし、内紛や局地的紛争が増幅されて政治の安定が失われる状況が頻発した。しかし、アテネの場合についていえば、前4世紀の相当期間について復原力を維持して、帝国支配の再現を志向する動きさえあった。前338年、マケドニアのフィリッポス2世にカイロネイアの戦いで敗北を喫しアテネのみならずギリシア諸国の政治的独立は失われたとはいえ、それでもアテネ市民団の伝統的な共同体的性格が一挙に崩壊したわけではない。たとえば、古代市民の基本的権利能力である土地所有の点で、市民団と在留外人などの非市民との間を厳然と隔てていた障壁が実質的に崩れ始めるのはマケドニア軍によるアテネ占領のころであって、ようやく前3世紀なかば以降にアテネのポリス的性格は急速に失われていったと思われる。都市という意味でのポリスの語は残ったが、政治の実権は富裕者層の独占となって民会は名目的な形骸(けいがい)と化し、市民権すら国家の名で売却されている事例をヘレニズムさらにローマ時代のギリシア世界にみいだすことができる。[馬場恵二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポリスの関連情報