コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーツマス Portsmouth

翻訳|Portsmouth

9件 の用語解説(ポーツマスの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ポーツマス【Portsmouth】

イギリス、イングランド南部、イギリス海峡に面する港湾都市。古くから軍港として発展。
アメリカ合衆国、ニューハンプシャー州の大西洋に臨む港湾都市。海軍基地があり、避暑地として知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ポーツマス(Portsmouth)

英国イングランド南部の港湾都市。イギリス海峡に面し、英国海軍の根拠地。
米国ニューハンプシャー州南東部の港湾都市。大西洋に面し、商港・軍港として発展。1905年に日露戦争の講和条約が結ばれた地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ポーツマス【Portsmouth】

アメリカ合衆国ニューハンプシャー州南東部にある州唯一の海港都市。人口2万6254(1980)。1623年に建設された州最古の植民地。独立戦争までの約100年間は主都であった。17世紀以来の造船の町で,18世紀末に建設された海軍工廠は潜水艦の建造・修理基地となっている。州庁舎など植民地時代の建造物が多く保存され,また夏季の保養地として有名。1905年日露戦争終結のポーツマス条約締結の地でもある。【藤本 博】

ポーツマス【Portsmouth】

アメリカ合衆国バージニア州南東部の港湾都市。人口10万3000(1994)。チェサピーク湾の入口近くに位置し,エリザベス川をはさんで対岸にはノーフォークがある。古くからの軍港で,世界最大級の造船所やドック,海軍の弾薬庫,第5沿岸警備隊本部がある。また,商港でもあり,鉄道交通の要所である。1752年に集落が建設され,67年に民間の造船所ができ,独立革命後,合衆国海軍基地となった。1858年に市制施行。

ポーツマス【Portsmouth】

イギリス,イングランド南部,ハンプシャー南東岸にある軍港,保養都市。かつては単に〈ポートPort〉と呼ばれ,現地名は〈ポート港の入口〉を意味する。人口18万9000(1993)。イギリス海峡の入江であるポーツマス湾とラングストン湾にはさまれたポートシー島南西部に位置し,本土とは橋で結ばれて半島状をなす。ポーツマス湾対岸の港湾都市ゴスポートとの間にも橋が架けられ,またスピットヘッド水道をはさんでワイト島相対する

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポーツマス
ポーツマス
Portsmouth

アメリカ合衆国,オハイオ州南部にある都市。シオト川が合流する地点のオハイオ川河岸にあり,対岸はケンタッキー州フラートンである。 1803年に創設,30年にオハイオエリー運河が開通してから,運河と河川との間の貨物の積替え場所として栄え,汽船時代が終ってからは,鉄道輸送の中心地になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ポーツマス
ポーツマス
Portsmouth

アメリカ合衆国,ニューハンプシャー州南東部の港湾都市。 1623年入植,同州最古の入植地。州で最古の新聞,『ニューハンプシャー・ガゼット』が 1756年に発刊された。 18世紀には造船業が主産業となり,1790年代には軍艦の建造,修理を中心に軍港として栄えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ポーツマス
ポーツマス
Portsmouth

アメリカ合衆国,バージニア州南東部の港湾都市。ハンプトンローズ港に面し,エリザベス川をはさんで,ノーフォークに対する。 1752年から入植を開始。 67年に造船所,そして 1801年ノーフォーク軍港が建設され,南北戦争のおり南軍の装甲艦『バージニア』が建造された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ポーツマス
ポーツマス
Portsmouth

イギリスイングランド南部の都市。単一自治体(ユニタリー unitary authority)。1997年にハンプシャー県から分離して単一自治体となった。ロンドンの南西約 100km,イギリス海峡沿岸の港湾都市で,ワイト島イギリス本土を隔てるソーレント水道に面する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のポーツマスの言及

【軍港】より

…海軍艦船の停泊,修理,補給,乗員の休養等の恒久的施設を有する海軍基地の一種で,海軍作戦の策源地をいう。近代的な軍港としてはイギリスのポーツマスが最も古く,1194年リチャード1世が海軍基地を建設したのに始まる。その後15世紀末から軍需工場や造船所が建設され,19世紀には海軍の本拠地としての司令部が設置され,イギリス海軍の発展とともに整備されてきた。…

※「ポーツマス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポーツマスの関連キーワードイギリス東インド会社ニューイングランドボーンマスウェセックスニューハンプシャーハンプシャーレックハンプトンホテル・ニューハンプシャーニューハンプシャー[州]ワイト[島]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポーツマスの関連情報