コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポート・スーダン ポートスーダン

百科事典マイペディアの解説

ポート・スーダン

スーダン北部,紅海岸の港湾都市。アラビア語ではブーラ・スーダーン。スーダン唯一の海港で同国貿易の大半を扱う。主要輸出品は綿花。近代的な港湾施設,船舶修理設備をもつ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポート・スーダン
ぽーとすーだん
Port Sudan

アフリカ北東部、スーダン北東部にある同国最大の港湾都市。首都ハルトゥームの北東約700キロメートルに位置し、紅海に臨む。ハルトゥームとは鉄道で結ばれる。人口30万5385(1993)。1906年に建設され、古代からの港であった南のスアキンにとってかわった。おもな輸出品は、内陸で産する綿花・綿実のほかアラビアゴム、豆類、皮革など。アフリカ各地のイスラム教徒のメッカ巡礼への乗船港でもある。[端 信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ポート・スーダンの関連キーワードカッサラー州サワーキンカッサラーダルフル州ハルツームニヤーラーカダーリフカッサラアトバラワーウニヤラ信行

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android