コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポール Pole, Reginald

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポール
Pole, Reginald

[生]1500.3. スタッフォードシャー
[没]1558.11.17. ランベス
イギリス,カンタベリー大司教。エドワード4世の姪の子。 1518年聖職につき,1521年大陸へ留学。 1523年帰国し,エクセター司祭長となった。 1532年ヘンリー8世の離婚に反対し,1536年教皇と王の最終的決裂の際大陸に逃れ,同年ローマで枢機卿となった。 1545年トリエント公会議を主宰し,カトリックの改革に尽力した。 1546年教皇候補にあげられたが選挙に敗れ引退。メアリーの即位 (1553) により 1554年教皇使節として帰国。 1556年 T.クランマーの後任としてカンタベリー大司教となり,国教会のカトリック化を促進した。しかしフランスとの対立により翌年教皇使節を罷免され,ローマへ召喚されようとしたが,女王の死去の直後に病死。

ポール
Paul, Les

[生]1915.6.9. ウィスコンシン,ウォーキショー
[没]2009.8.13. ニューヨーク,ホワイトプレーンズ
アメリカ合衆国のギタリスト,発明家。本名 Lester Polfuss。1941年,のちに「ギブソン・レスポール」と呼ばれ,エリック・クラプトンらが愛用したソリッドボディの電気ギター(エレキ・ギター)を考案した。1930~40年代はカントリー・アンド・ウェスタンジャズのミュージシャンとして活躍。1950年代に 8トラックのテープレコーダを発明,多重録音技術を開発した。1977年,チェット・アトキンズとの共作『チェスター&レスター』Chester and Lester(1976)でグラミー賞受賞。2006年にもトリビュートアルバム『アメリカン・メイド・ワールド・プレイド』American Made World Played(2005)から 2曲がグラミー賞受賞。90歳を過ぎてもライブを続け,毎週ニューヨークのジャズクラブで演奏した。1978年グラミーの殿堂入り,1988年ロックの殿堂入り,2005年発明家の殿堂入りを果たした。2007年全米芸術勲章受章。

ポール
Pohl, Frederik

[生]1919.11.26. ニューヨーク,ニューヨーク
[没]2013.9.2. イリノイ,アーリントンハイツ
アメリカ合衆国の作家。フルネーム Frederik George Pohl。SFという手法を用いて社会を批判し,病める社会における科学技術の長期的な影響を模索した。高校を中退したが,20歳の頃には SF雑誌の編集に携わっていた。1930年代後半に SFの愛好者団体フューチャリアンズに参加。同団体にはアイザック・アシモフや,のちにポールと共作する C.M.コーンブルースも所属していた。1953年,コーンブルースとの共著『宇宙商人』The Space Merchantsを発表。これは広告代理店で働いた経験から着想を得た作品で,代表作といわれている。ほかに,『マン・プラス』Man Plus(1976,ネビュラ賞),『ゲイトウエイ』Gateway(1977,ネビュラ賞,ヒューゴー賞),『JEM』(1980,全米図書賞)など。1998年に SF・ファンタジーの殿堂入りを果たした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ポール(pole)

細長い棒。さお。旗ざおや棒高跳び用の棒など。
路面電車などの屋根の、架線から電気を取り入れるための棒状のもの。
測量に用いる測桿(そっかん)
野球場のファウルポールのこと。
ヤードポンド法の長さの単位。1ポールは5.5ヤードで5.0292メートル。
面積の単位。1ポールは30.25平方ヤードで25.29平方メートル。

ポール(poll)

世論調査。その質問表

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ポール Paul, Henry Martyn

1851-1931 アメリカの天文学者。
1851年6月25日生まれ。ワシントン海軍天文台につとめていたが,明治13年(1880)東京大学理学部星学(天文学)教授としてまねかれ来日。16年帰国。1931年3月15日死去。79歳。マサチューセッツ州出身。ダートマス大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ポール

株式会社湖池屋の菓子「ポリンキー」のキャラクター。「スリーポリンキーズ」のひとり。

ポール

アジアリーグアイスホッケーに参加するアイスホッケーチーム、札幌ポラリスのチームマスコット。ホッキョクグマがモチーフ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポール【Lewis Paul】

?‐1759
イギリスの商人で機械発明家。1738年にローラーによって紡ぐ方法で特許を出願。特許権所有者はポールであったが,実際の発明者はこの特許の証人であるジョン・ワイアットであった。ポールとワイアットは1732年ころから知り合い,33年にポールはワイアットからある機械(詳細不明)の権利を買いとっている。これが紡績過程の機械に関するものと考えられ,ふたりの改良の努力の結果,38年の特許となった。なおポールは48年に梳綿(そめん)機械,また58年には改良されたワイアット=ポールの紡績機械の特許を出願している。

ポール【William Poel】

1852‐1934
イギリスの演出家。俳優として出発した後,1894年エリザベス朝舞台協会を結成。シェークスピア劇をはじめとするエリザベス朝の劇を,最小限の装置を用いた張出舞台という,初演当時の条件を復元したと考えられる舞台で上演することに力を注ぎ,19世紀風のリアリスティックな上演法を退けることに大きな役割を果たした。1905年の《ロミオとジュリエット》を最後として,資金難のために協会が活動を停止した後も,一般には知られていないエリザベス朝戯曲を上演するなど,意欲的活動を続けた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ポール【pole】

細長い棒。さお。 「センター--」
市街電車などの屋根にあって、電線から電気を取り入れるさお。
測量に用いる測桿そつかん
長さの単位。5.5ヤード(5.0292メートル)。測量で用いる。
面積の単位。30.25平方ヤード(25.29平方メートル)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のポールの言及

【エーカー】より

…ヤード・ポンド法における面積の単位。古くは牛2頭引きのすきを用いて1日で耕せる面積とされ,その広さは土地によって異なっていたが,1277年イギリスのエドワード1世により4ポール×40ポールの土地またはそれと同じ広さの土地の面積と定められ,法定エーカーstatute acreと呼ばれた。これは4840平方ヤードに等しく,およそ0.4ha(4047m2)である。…

※「ポール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポールの関連キーワードミネアポリス・セントポール国際空港アムステルダム・スキポール空港ホールド・ミー・タイトマグネチックモノポールグラスファイバ・ポール22世紀の酔っぱらい地球人よ、警戒せよ!星の王子チャーリイポール ヴァルデンヤコブと天使の戦い500年後の世界アーヴァタールチェルノブイリ天翔ける十字軍たそがれの地球スキポール空港死霊が見ているツェルトザック磁気モノポールポール カポン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポールの関連情報