コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイタケ(舞茸) マイタケGrifola frondosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイタケ(舞茸)
マイタケ
Grifola frondosa

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。ミズナラ,クリ,ブナなどの切り株や老木の根もとに大型の子実体を生じる。本来はミズナラの心材について,白色腐朽を起す害菌であるが,若いキノコは美味で珍重される。子実体は肉質で,熟後,乾けば強靭になる。多数に分枝する円柱状の茎を有し,各分枝の先端には小さな傘がほかの傘と互いに重なり合いながらつく。子実体全体はときには径 40cm以上の塊となり,その重さも 3kgをこすものがある。個々の傘は半円形,扇形,へら形で,表面は黒褐色かねずみ色で茎の色は白い。傘の裏面には管孔を生じるが孔口は円形または歪円形。胞子は卵形か楕円形で小突起があり,無色。このキノコによく似たものにチョレイマイタケ (猪苓舞茸) トンビマイタケ (鳶舞茸) ,シロマイタケ G. albicansなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マイタケ【マイタケ(舞茸) hen of the wood】

多数の分枝があり,舞を演じているような形の担子菌類サルノコシカケ科の軟質,美味なきのこ(イラスト)。世界の暖帯から温帯北部に広く分布。日本では北海道から九州に分布し,ナラ,カシ,シイなどの樹木根株根際に生ずる。菌糸はこれらの生きた樹木の根株の心材部を腐朽させる木材腐朽菌の一種である。腐朽材は白色化し,その中にオレンジ色の幅1~3mmの線模様を生ずる。これにより本種によるものか否かが判別できる。多数の分枝を生じ,それぞれの茎の先端部に傘を生ずる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android