コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マオリ

5件 の用語解説(マオリの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

マオリ

イタリア、デルタ社の筆記具の商品名。「インディジナスピープル コレクションシリーズ。2004年発売。ニュージーランドマオリイメージ万年筆ボールペンがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マオリ

13~14世紀に南太平洋からカヌーでNZに移ってきたポリネシア先住民マオリ語で「普通の、正常な」を意味し、18世紀末から到来した欧州人に対して自らを定義した名とされる。社会構成は、単位の小さい順にファナウ(拡大家族)、ハプ(準部族)、イウィ(部族)、ワカ(カヌー船団氏族)がある。1840年に英国女王とワイタンギ条約締結後、植民地化が進み、土地戦争に発展。1980年代以降は多様な権利を回復、マオリ語も英語と共に公用語となった。

(2014-07-04 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マオリ

ニュージーランドの先住ポリネシア人。9―10世紀にタヒチあるいはクック諸島より移住した。人口約32万人(1991)でニュージーランド全人口の9.7%。首長制,非単系出自集団に立脚した社会制度を有し,サツマイモ栽培,狩猟,漁労を生業としていた。
→関連項目ウォンガヌイオークランド(ニュージーランド)オール・ブラックスセガレン先住民族トンガリロ国立公園ニュージーランドマオリ語ロトルア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マオリ
まおり
Maori

ニュージーランドの先住民。人種的にも文化的にもポリネシア系に属す。
 考古学の調査によれば、クック諸島ないしソシエテ諸島から来島したと考えられるが、マルケサス諸島からの可能性もいまだ完全には否定されていない。ニュージーランドに人が住み始めたのは紀元1000年紀の終わりころで、それから14世紀なかばに至るまで人々の生活は主として採集狩猟によるものであった。その後、北島ではそれまでごく影の薄い存在であった農業が主たる生業となり、また今日のマオリに特有な螺線(らせん)文様の美術様式も開花する。伝説によれば、この時期に数隻のカヌーにより大移住が果たされたとあり、今日でも社会組織の起源を語るものとしてはこの伝説が重要視されているが、考古学的にはむしろこの時期以前と以後の文化の間に著しい断絶は認められないようである。熱帯ポリネシアから持ち込まれたタロイモ、ヤムイモ、サツマイモ、ヒョウタンの4種の作物のうちでもっとも温帯気候に適したサツマイモを主作物として、人口の大多数は北島で焼畑耕作に従事するようになり、周囲に柵(さく)を巡らしたパとよばれる要塞(ようさい)のような集落に住んでいた。社会は、最初の移住者を祖先と仰ぐ人々の集団である部族、土地所有の単位としての亜部族、その下位の世帯とそれぞれに分節していたが、部族を超えた政治統合が達成されたことはなく、恒常的な戦闘状態にあった。一方、サツマイモの耕作にも適さない南島では、少数の人々が相変わらず採集狩猟の移動生活をしていた。
 18世紀末には10万ないし15万と推定される人口も、19世紀中葉に始まった植民地化のため一時は4万人近くに減少したが、しだいに回復して現在は52万6281人(2001)で、総人口の14%を占める。今日のマオリは西欧文化への同化の成功例としてしばしば引き合いに出されるが、その反面、都市生活者の著しい増加、マオリ語人口の減少などから文化喪失の危険に気づいた一部の人々の間では文化保護が叫ばれている。彼らの伝統工芸としては木彫が発達し、集落の集会所には神々をかたどった精巧な彫刻が施された。また緑石の石斧(せきふ)・武器・装身具、衣類としての亜麻(あま)布の作製はポリネシア文化のなかでは異色のものである。近年では、先住民の権利回復を目ざす運動が、各地で進行しつつある。[山本真鳥]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マオリの関連情報