コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクスウェルの方程式(粘弾性) Maxwell's equation

法則の辞典の解説

マクスウェルの方程式【Maxwell's equation】

マクスウェルの粘弾性の方程式」ともいう.粘弾性体においては,応力の時間変化は,完全弾性体におけるフックの法則*で表される項に,応力が時間とともに減少していく項を付加する必要がある.したがって

のようになる.ここで γ はフックの法則における弾性率,p は応力,τ は緩和時間を表す.

この式は,別名を「マクスウェルの微分方程式」ということもあるが,フォークトの式*と並んで粘弾性の基礎方程式である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

マクスウェルの方程式(粘弾性)の関連キーワードローレンツ(Hendrik Antoon Lorentz)マイケルソン‐モーリーの実験ポインティングベクトルマクスウェルの双対原理ガリレイの相対性原理マクスウェルの方程式ポインティング定理電磁ポテンシャルヤン=ミルズ理論回転(ベクトル)アンペールの法則スクイーズド光電流の磁気作用電磁気の単位系エポニミー効果ロンドン方程式線形[関数]相対論的力学電磁流体力学ガウス単位系

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android