マルクス・レーニン主義(読み)まるくすれーにんしゅぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルクス・レーニン主義
まるくすれーにんしゅぎ

レーニン以降の時代におけるマルクス主義の思想・理論の呼称。マルクスは自らの思想にイズムを冠することに強く反発し、レーニンはマルクス主義という名称は用いたが、生前はレーニン主義の呼称を許さなかった。レーニンの死後、ジノビエフやスターリンによりレーニン主義の呼称が公的に用いられ、スターリンは「帝国主義とプロレタリア革命の時代のマルクス主義」という有名な定義を与えた。マルクス・レーニン主義という呼称は、同じくマルクス主義から生まれてきた社会民主主義と自己を区別する共産主義運動の必要から生まれ、マルクス主義をレーニン主義にまで発展させたものとして、スターリン時代に確立された。しかし、スターリン批判後、スターリンによるレーニン主義の理解はレーニン自身の思想・理論を一面的に単純化しており、またレーニン自身も後進国ロシアの革命思想家としてマルクスとは異質の要素を含んでいたことから、西欧諸国や日本では、マルクス主義あるいは科学的社会主義とよぶ傾向が強まった。1989年の東欧革命、91年ソ連解体によって、現存した社会主義の公認国家哲学・御用理論であったマルクス・レーニン主義は、完全に影響力を失った。[加藤哲郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルクス・レーニン主義の関連情報